現役ディレクターが吼える「テレビバラエティは死んだか」(前編)

現役ディレクターが吼える「テレビバラエティは死んだか」(前編)
奇才・マッコイ斉藤がお笑い界に吠えた!

 ここ数年のお笑いブーム、いざ立ち止まって考えてみると、きわめて空虚な笑いしかない。かつて存在していたような、作り込まれたバラエティ番組はこのまま消えてしまうのだろうか? 笑いの限界に挑戦しつづけるマッコイ斉藤氏にバラエティ界の現状について聞いた。

マッコイ斉藤(以下、斉藤) で、今日は何の取材でしょう?

──「テレビはなぜ死んだのか?」というテーマでお話をお願いします。

斉藤 アハハハ!(苦々しい表情で爆笑)。死んでないっすよ。

──でも、死ぬほどつまらないバラエティ番組が増えましたよね。

斉藤 ……。右を見ても左を見てもクイズ番組ばっかりの現状には僕もウンザリですけど。「あってもいいけどありすぎだろ、雑学をそんなに知ってどうすんだ!」って思いますね。

──なぜそういう状態になっちゃったんでしょう?

斉藤 今は視聴者からの苦情電話1本で、番組内容が変わっちゃう時代なんですよ。視聴者も過敏だし、作り手も過剰にビビってる。だからクイズ番組みたいな安パイなコンテンツが人気になると、右へならえで、誰も彼もがそれを模倣しちゃっている状況です。

──具体的に、どんな苦情電話があるのでしょうか?

斉藤 たとえば、ダチョウ倶楽部上島竜兵さんがおでんを熱がる芸。あれを放送すると、「なぜ食べ物を粗末にするんだ!」「イジメだろ!」なんて苦情が入る。だから最近では「このおでんはあとでスタッフがおいしく食べました」とか「このおでんは常温です」と興醒めなテロップが入ったりするわけです。テロップのせいで、せっかくの面白さが台なしですよ。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年7月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら