媚中報道の元凶!? プレスパス欲するマスコミの談合&自主規制

媚中報道の元凶!? プレスパス欲するマスコミの談合&自主規制
五輪は、報道陣にとっても、プレスパスをめぐる<br>“競争”なのだ
 北京五輪を取材するために必要なプレスパスは、IOC(国際オリンピック委員会)が発行したものと、中国政府が発行したものの2種類がある。IOCのパスには、活字メディア用と放送権者用(放送メディア用)があり、IOCが各国に割り当てた後、JOC(日本オリンピック委員会)が新聞社、雑誌社に配分する。放送権者用パスは支払った放映権料に応じて、IOCが直接放送局にプレスパスを発行する。日本ではNHKと民放でつくるジャパンコンソーシアムという組織が共同で放映権を獲得し、各局共同で取材チームを組む。その上で、中継競技を割り振り、撮影素材を局ごとに加工して日本で放映する流れとなっている。

 今回の北京五輪取材のため、日本に対して発行されたIOCパスは新聞・雑誌などの活字メディア用と放送権者用、それぞれ約350枚程度だと予測されているが、その配分方法はどうなっているのだろうか?

「活字メディアの場合、どの社に何枚という配分は、日本新聞協会・日本雑誌協会を通じ、事前に大会の取材意向調査を実施した上で数を調整し、JOCではそれをもとに配分しています」(JOC事業広報部)

 つまり、どこの社が何枚プレスパスを得るのかを決めているのは、JOCとメディア間で入念な協議をふまえて決められているというのだ。

 ただ一方では、このような話もある。

「結局、プレスパスが何枚配られるかは、新聞社、出版社の力関係。まさに談合ですよね。全国紙や大手出版社がパスを独占し、当然、小さな社や我々フリーの立場には回ってこない。だから、選手のインタビューなどは中国政府に直接パスを出してもらい、独自に取材するしかない状況です」(フリーのスポーツジャーナリスト)


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年7月25日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら