ザルな動物愛護法では“犬鍋”は取り締まれない!?

ザルな動物愛護法では“犬鍋”は取り締まれない!?
『環境省』HPより

「ポシンタン(補身湯)」という韓国料理がある。いわゆる“犬鍋”と呼ばれるもので、日本でも東京・大久保界隈などのコリアンタウンで提供されている。筆者も食したことがあるが、これがなかなかの美味である。

 しかし、ふと考えてみると、わが国には「動物愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)という動物の愛護推奨、虐待防止に関する法律がある。はたして犬鍋は、それにひっかからないのだろうか? そこで、同法を管轄する環境省に問い合わせてみると……。

「同法は、動物の虐待の防止などを定め、動物を愛護する気風を招来することなどを目的にしていますが、とくに犬食禁止というのは同法には規定がありません」(環境省動物愛護室)という回答! ということは犬、食べてもいいんですかぁ!?

 この動物愛護管理法、1973年に制定されて以来、99年と2005年に2度改正されており、一昨年の改正では動物取扱業の登録制、罰則の強化などが盛り込まれている。ただし、この法律、さまざまな問題点を指摘されていて、“ザル法”という批判の声が数多く上がっている。

「“社会通念に照らして”とか、あいまいな表現が多いのです。そのためペット関連トラブルでも、法律的に解決できないことが多い。たとえば、“みだりに”餌をあげないと動物虐待に当たるのですが、“みだりに”というのがどの程度なのか、具体的な基準が明確にない。そういう条文が少なくありません」(ペット問題に詳しい行政書士・福本健一氏)


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年8月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。