「見苦しい?」マンネリ進む明石家さんまの“抱き合わせ”商法

「見苦しい?」マンネリ進む明石家さんまの“抱き合わせ”商法
いまだ“トークの神”として君臨する<br>さんま師匠だが……。
       
 7月26日放送のフジテレビ『FNS27時間テレビ』で総合司会を務めた明石家さんま。何らかのかたちで毎年出演していたとはいえ、19年ぶりの総合司会は、なんとなく唐突な印象があった。

 2ちゃんねるをはじめとしたネットの掲示板などでは「手芸人の老人介護」「本当はフジも若手主体でやりたいだろうに」などの苦言が続出。また、さんまの「大物感」についても「裸の王様」「出演者がさんまに媚を売るのを見るのが不快」「マンネリ」「人気下降のさんま接待番組か」などの声が噴出していた。

 長期に渡ってトップに君臨しているさんまではあるが、思えば最近は、『明石家さんちゃんねる』(TBS)で、「常連」のように毎回毎回イケメン俳優集団を登場させたり、イケメンたちと旬の女芸人たちを合コンさせたり、数字がとれそうなコンテンツにしがみついている感は否めない。

 また、『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ)、『ザ・イロモネア』、『あらびき団』(共にTBS)など、ショートギャグ番組の人気にあやかるように、「オススメ芸人」を紹介するコーナーを設けつつ、ポカーンとただ見ている or ボケを拾わず、スルーしてしまうような場面もかなりあった。

 そんな状況下での、27時間テレビの司会抜擢。もしかして局や会社をあげて、さんまを復活させようという狙いがあったりして? などと気になってしまうけど……。あるテレビ関係者はこう話す。

「今回はもともと『オレたちひょうきん族』を手がけたフジの名物ディレクター・三宅恵介さんが、今年定年を迎えるから最後ということで、さんまさんに声をかけただけ。さんまさんを局でバックアップとかいうことは特にないと思います。しかも、三宅さんが結局、あと2年会社に残ることになって『こんなに頑張ったのに、そんなんか!』と番組内で怒ってましたから」


あわせて読みたい

明石家さんまのプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュース

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年8月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。