“生と死”“貧乏”を綴った小室哲哉の自伝がお蔵入り!

“生と死”“貧乏”を綴った小室哲哉の自伝がお蔵入り!
シングル・アルバムを合わせた総売上は<br>1億7000万枚以上とも言われる小室哲哉
       
 かつては一世を風靡した「小室ファミリー」を率いていたが、近年のお仕事といえばメイド喫茶のプロデュースやプロサッカークラブのスーパーバイザーなどで、本業を含めどれもパッとしない小室哲哉。ここにきて、自身が制作したミリオンセラーシングルの楽曲版権を手放すというも囁かれ、経済的に窮乏していると見られている中、告白本出版のオファーを各社に持ちかけていたという。

「『企画のたまご屋さん』という会社を通じて、春頃から各出版社に企画書が内々に送られたそうで、仮タイトルは『小室哲哉 4年間の空白』。『生と死』『明暗』『今、貧乏ですが、何か?』といった章立てにより構成されることから、生々しいノンフィクションに仕上がる予定だったそうです。小室自身も、夏のシングルリリース時期に合わせたプロモーションにしたいとのことで、7月中旬の発売という突貫作業ですが1万2000部買い取りを約束するなど条件的にも譲歩していた様子。そのため、複数の出版社が権利獲得に動いたそうです」(大手出版社書籍編集者)

 あの小室が現在の困窮を語ることはある意味センセーショナルだろうが、思わぬところでミソがついたようだ。事情通が耳打ちする。

「実は、ある媒体が今回の自伝出版情報を嗅ぎ付けて、小室サイドを含む関係者に直撃したそうです。その際、本書では現在の経済状況はサラッと触れる程度でしたが、原盤権を手放すことといった、小室本人の金銭的な問題やプライベートについて質問し、小室サイドが憤慨。その取材は記事にはならなかったものの、結果、出版企画そのものが中止になりました」

 さて、事実はどうなのだろうか? 「企画のたまご屋さん」に問い合わせてみると、「ある取材が原因で、書籍の出版が中止となったのは事実です。ただ小室さんに関する金銭的な話は、一切知らされておりません」というが……。はたして、本書が日の目を見ることはあるのだろうか?

(岩木昌久/「サイゾー」9月号より)


【関連記事】 ぶって姫告白本発売! 自粛された過激内容の“中身”
【関連記事】 ケータイ小説出版の芸能人“ai-ka”って誰だ!?
【関連記事】 奥菜恵が自叙伝エッセー出版! “引退”の真相から結婚生活まで

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年8月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。