景気後退のときに株で儲けるためのコツとは?

※サイゾーと企画会社「takibi」がプロデュースする、"投資と経済情報のコミュニティサイト"『株ココロ』で連載中の、注目コンテンツをお届け!

 8月、政府は月例経済報告で、景気後退を事実上認めた。2002年2月から約6年間、戦後最も長く続いた日本の景気回復だったが、サブプライムショックによる世界的な信用収縮や原油高などの影響で不況へと突入した。

 株式相場は先行して下げており、昨年6月頃1万8000円だった日経平均は、直近で1万3000円台。過去のケースでは、通常、景気後退局面では鉄鋼や造船などの景気敏感株の下げが顕著である一方で、電力やガス、医薬品などの、いわゆる「ディフェンシブ銘柄」が健闘するといわれているが、実際、東京電力株は6月末から2割以上高騰するなど、不況入りを意識した展開が続いている。

 投資家にとっては受難の日々が続きそうだが、不況下に株で儲けることは可能か。株式評論家の大岩川源太氏は、次のように話す。

「今の不況の特徴は、物価が高くなってゆく局面で景気が悪化するスタグフレーション(インフレと不況の同時進行)。となると、支出を減らさなくてはいけませんから、低価格商品を販売する企業の株が上がります。ユニクロを展開するファーストリテイリング株は、この1年間で倍近くになってますよ。ただ、株で儲けるためには、もっと先を読む必要がある。支出減の傾向が強まるということは、外出が減るということ。外出が減れば、家で巣ごもりをしてテレビを見ますから、たとえばWOWOW株なども面白くなってくる。同じ流れで、もうひとつはゲーム。中でも私が注目しているのは、カジノ機器の輸出実績のあるコナミですね」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年9月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。