民主党潰しだった!? 中山前大臣「日教組批判」の真の狙い

民主党潰しだった!? 中山前大臣「日教組批判」の真の狙い
中山成彬前国交相
警察・検察当局およびマスコミの内情に精通するジャーナリストが、テレビでは絶対に報道しない、気になるニュースの裏側をレポートします。


 「日教組をぶっ壊す」「成田空港反対闘争はごね得」「日本は内向きな単一民族」――こんなプッツン発言のオンパレードを繰り返し、辞任、そして政界引退へと追い込まれた中山成彬国交大臣には本当に驚かされた。

 その口火を切ったのは9月25日。国交省の大臣室で、報道各社のインタビューを受けた中山氏の口から驚がくの発言が次々と飛び出し、担当記者たちは興奮しながら「やばいです。大臣、ブチ切れました!」と本社デスクに電話をかけたという。国交省クラブの担当記者がこう振り返る。

 「一度に3つも問題発言しますかねぇ......。各方面に反響を聞かないといけなくなって、まず中山発言をテープ起こししながらメモにまとめたあと、日教組をカバーする教育担当や、成田空港を取材する地元の出先クラブ、そしてアイヌ団体を取材している札幌の職場にバンバン連絡とって、反響取材をお願いしました。下手したら、麻生内閣も早々に崩壊する火ダネでしたからね」

 各方面に大反響を呼んだ中山発言だが、いまもその真意は明らかにされていない。そこで本誌が永田町で情報収集したところ、なんと、麻生内閣お墨付きともいわれかねないような、あるターゲットを狙った発言だった疑いが浮上してきたのだ。

「ねじれ国会に悩まされている自民党にとって、ライバルの民主党が多数を占める参議院は、目の敵。なかでも、民主参院会長の輿石東(こしいしあずま)こそ、ぶっ潰したいターゲットなんです。なぜって? かれこそは日教組出身のまさに日教組族ですから」(自民党文教族)


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年10月7日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。