評論家・佐高信が喝!「日本にいい企業なんて無い」(後編)

前編はこちらから


【佐高】 『トヨタの正体』はトヨタの関連企業が集まる愛知県を中心に8万部売れたんですが、これはどういうことかというと、関連業者が同社のやり口、乾いた雑巾をさらに絞るというような、下請けいじめの「かんばん方式」に不満を抱いているという証拠です。

 だいたいね、一族経営で、しかも自分の名字を企業名にするなんて、田舎根性丸出しですよ。トヨタは由緒ある挙母市という名前を「豊田市」に変えて、市長に元社員を送り込んで豊田市をトヨタの傀儡として操っているわけですが、まさに「日本国トヨタ藩」というありさま。社員は、殿様に逆らうことはできないんです。これは、松下電器産業(4位)、日立製作所(13位)にも同じことがいえます。まず、いずれも社宅がありますよね。日本は無宗教国といわれますが、トヨタ教や松下教、日立教といった「会社教」が存在します。

 企業が宗教なら、社宅はオウム真理教のサティアンと同じなんです。24時間会社の監視下にさらされ、会社の考え方一色に染め上げられてしまう。

──その松下も広告出稿量が多いため、マスコミタブーとされていますね。

【佐高】 05年、松下が石油ファンヒーターの欠陥品を積極的に回収しましたが、あの回収事件を新聞で見たとき、「え、新聞が松下の批判をできるの?」と驚きました。

 しかし、よく読んでみると「松下の発表によれば」という書き方をしていた。つまり、松下側が発表したから書けたんです。松下は約6000万世帯に回収する通知を送ったそうですが、それほどの欠陥商品を出したら普通は潰れてもおかしくない。なのに、積極的な姿勢が、逆に好感度アップにつながった。メディアコントロールが、非常に巧みなんですよね。私は、個人的に「松下政経塾」が好きじゃないんですよ。塾卒の議員である高市早苗や前原誠司とかの言動を見ているだけでも、「松下未熟塾」と言いたくなる(笑)。電気製品もまともに作れないのに、人間を育てられるわけない。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年10月10日の社会記事
「評論家・佐高信が喝!「日本にいい企業なんて無い」(後編)」の みんなの反応 1
  • sugari 通報

    鈴鹿市側から「本田市」への名称変更の申し出をされても、云々 これって、誰かの創作でしょ? 都市伝説をニュースとして掲載するのはどうかな・

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。