人気ミステリ作家が徹底検証!『イキガミ』盗作騒動の罪

 現在までに刊行されたコミックス計5巻が累計発行部数200万部を超え、松田翔太主演の映画版も好評公開中の『イキガミ』(小学館)。ただ一方で、本作が、作家・星新一のショートショート『生活維持省』(『ボッコちゃん』新潮文庫)の剽窃に当たるのではないかという疑惑が生じ(記事参照)、ネットなどで「パクリか否か」という騒動を巻き起こしたのも記憶に新しい。

 主に問題となっているのは、両作に共通している"国家による無作為に選ばれた国民の殺害"という設定。『生活維持省』がこれをオチで明かしているのに対し、『イキガミ』では死亡を予告された人間のドラマに焦点を当てているという違いはあるのだが、確かに物語の根幹となっている設定が酷似していることは間違いない。この問題について、自身のHPでも詳細な検証を行っているミステリ作家の藤岡真氏は次のように語る。

「この2つの作品は、基本的にまったく似ていません。『生活維持省』は美しく平和な生活を維持するために国家が国民を間引いて人口を減らしているという話で、一方の『イキガミ』は星新一公式HPに掲載されている小学館の公式見解にもありますが、"余命24時間と宣告された若者が、死と向き合ってどう生きるのか"というドラマを描くものです。これって、いわゆるお涙頂戴の"難病モノ"と同じなんですよ。このように全然違う話であるにもかかわらず、国家が個人を無作為に選んで殺害するという設定だけが酷似している。つまり"余命24時間"というシチュエーションを作りたいがために、『生活維持省』から"国家による無作為殺人"という設定を安易に持ってきたのではないかと。細かいことを挙げればキリがありませんが、特に必要性もないのに『生活維持省』と同じく死を告げる人物が主人公になっていることや、"国家繁栄維持法"という設定にまつわる数々の破綻や矛盾もそれを物語っています。そもそも国家繁栄維持法の"維持"とは、何を維持するためのものなのか。『イキガミ』で描かれる世界は、さまざまな問題を抱えた現代社会と何も変わりません。これも『生活維持省』が念頭にあったからではないかと思えるのです」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年10月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。