ドランクドラゴン塚地武雅が「5億円でも欲しい物」って?

ドランクドラゴン塚地武雅が「5億円でも欲しい物」って?

 着るだけで超ハンサムになれてしまうというスーツを手にしたブサイク男が、ハンサムとブサイクの二重生活を過ごしながら、本当の幸せを探し求める映画『ハンサム☆スーツ』が11月1日に公開される。

 主演は、お笑いとしての活動はもちろん、06年の映画『間宮兄弟』では映画界の新人賞を総なめにし、翌07年には故・芦屋雁之助の後を継いでドラマ『裸の大将放浪紀』の主演に抜擢されるなど、性格俳優としても着実な進化を遂げているドランクドラゴン・塚地武雅。そんな彼が本作品への思い、お笑い業と俳優業について、自分が思うブサイク論など語ってくれた。

──ドランクドラゴンとしての活動では、自らコントの脚本・演出も手がけられている塚地さんですが、役者の仕事では演じることだけですよね。そこにはどのような意識の違いがありますか?

【塚地】 新鮮ですね単純に。自分で作ったものはイメージも最初からできているので、あとは(相方の)鈴木に教える作業だけなんですけど、こういった映画とかドラマのお仕事は脚本を読んで、監督のイメージを聞いて、「そうゆうイメージなんや、じゃあやってみます」って感じですね。基本、演出は監督さんにお任せしているんで、自分がなんとなく思っていたイメージとの違いとかが「面白いな」って思いますね。現場では「絶対、こっちの方がおもろくなるのにな」とか思うこともありますけど、そのまま(監督の指示通りに)やったら、ちゃんと面白くなっていたりするんでね。だから、監督のニーズに応えるということにやり甲斐を感じますよ。鈴木もこんな気持ちでやってくれたらええのになって思いますもん(笑)。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドランクドラゴン 鈴木
  2. ドランクドラゴン 鈴木拓
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年10月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドランクドラゴン + 鈴木」のおすすめ記事

「ドランクドラゴン + 鈴木」のおすすめ記事をもっと見る

「ドランクドラゴン + 鈴木拓」のおすすめ記事

「ドランクドラゴン + 鈴木拓」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら