世界のナベアツ「アホを突き詰める」究極のオリジナリティ

 お笑いのネタを考えるときには、誰にでもわかることを題材にしなければいけない。テレビや舞台で披露するお笑い芸が、基本的に不特定多数の人間を相手にするものである以上、年齢や性別を問わず誰でも知っているようなことをテーマに選ぶことが不可欠なのである。


 だからこそ、お笑いネタの題材には一定のパターンができてしまう。コントの設定なら、先生と生徒、医者と患者、店員と客など。漫才で取り上げる話題なら、最近のニュース等の時事ネタ、デートの行き先、ファミレスの接客など。芸人たちはそんなありきたりの題材を上手く調理して、「どこかで見たことある」と言われないような独創的なネタをひねり出さなくてはいけない。

 だから、ネタ作りにおいていちばん高度なのは、誰でも知っているけれど誰もやっていなかったような題材を見つけ出して、そこから独自のネタを新たに生み出すことである。世界のナベアツが芸人として突出しているのはその点だ。

 先入観抜きに今一度、彼の「3の倍数と3がつく数字のときだけアホになる」というネタをじっくり見直してみてほしい。今ではすっかり有名になってしまったが、これを一から考え出したのは驚異的なことである。数を数える、という子供でもわかるようなことを題材にして、ほんの少しだけひねりを加えて強力なお笑いネタとしてまとめあげているのだ。わかりやすくてオリジナリティがあるという点で、笑いのお手本のような見事なネタである。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年11月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。