「今年は天国、ただしガラガラ」2007F1日本GP訴訟第三回傍聴記

「今年は天国、ただしガラガラ」2007F1日本GP訴訟第三回傍聴記
2008年の決勝当日、スタート直前の13時16分。ガラガラのヘアピン前指定席。<br>君が代斉唱のために観客は全員起立している。<br>去年はこのタイミングでトヨタ車がエンジンの爆音を響かせ顰蹙を買ったが......
       
 今年10月に富士スピードウェイで開催されたF1日本グランプリは、去年とはうって変わり交通アクセスや運営に混乱はなく、無事に終了した。これはシャトルバス方式から留め置き方式に変更したことや、場内のバス駐車場を舗装し、場内各所にバス停を分散させたなどの改善が功を奏したこともあるが、昨年の惨状を体験、また伝え聞いた観客が敬遠したことにより来場者数が激減したことが理由と囁かれている。


 その昨年9月に開催されたF1日本グランプリのずさんな運営により、「劣悪な環境の中、長時間のバス待ちを余儀なくされ、精神的苦痛を受けた」として観客109名が富士スピードウェイ(以下、FSW)に対し損害賠償を求めた裁判(第1回公判第2回公判)は今も係争中である。その第三回口頭弁論が、11月6日1時30分より東京地裁709号法廷で行われた。

 今期日で原告は、第一準備書面にて被告答弁書に対する反論を行った。特に「想定を超える悪天候」と責任逃れをする被告FSWに対し、「予選、決勝レースが予定どおり開催されたのだから悪天候ではない」「雨を想定していないとすれば、極めて計画がずさんであったことの証左である」と主張した。

 また被告FSWが「スタート時に間に合わなかった観客85名」に対して行ったとしている払い戻しについて、不公平、かつ実際に行われたのかどうか分からないとして、証拠と説明を求めた。

 さらに被告FSW側が「原告らの主張は、被告がチケット&ライドシステムを採用したことに帰着する」としたことに対して原告側は「争点を故意にすりかえた」として反論。「全く反省が見られない」と強く反発し、「チケット&ライドシステムの採否については関係ない。FSWがチケット&ライドシステムを採用してシャトルバス以外での来場を禁止した以上、適切にバスを運営する義務があったはずだ」と改めて主張した。


日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年11月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。