大物芸人を怒らせた春風亭小朝の野望と独断専行

大物芸人を怒らせた春風亭小朝の野望と独断専行
泰葉と結婚したのに「林家正蔵」という<br>大名跡はもらえなかったが、代わりに<br>「金髪豚野郎」なる称号を、海老名家<br>の娘からいただくことに。
 元妻の泰葉に"金髪豚野郎"呼ばわりされた春風亭小朝記事参照)。世間からの批判の矛先は、泰葉にばかり向いているようだが、お笑い界ではどうも風向きが異なる。心の中で「泰葉、もっとやれ」とけしかけている関係者も多いというのだ。


「小朝に人望がないのは、落語業界では特に有名。何事も独断専行ですからね。落語協会会長の鈴々舎馬風も、小朝の扱いには手をこまねいていますよ」(演芸ライター)

 小朝は、少年期から「落語の天才」と呼ばれ、1970年、高校生の時に5代目春風亭柳朝の下へ弟子入り。80年には36人抜きという異例のスピードで真打ちに昇進した。

「実力もあるし、天狗になるのも無理はない。しかも、彼には強い出世欲があって、泰葉との結婚も打算から踏み切ったと囁かれてきました」(同)

 小朝は、泰葉と結婚する直前まで、岸本加世子と交際していた。ただ、マスコミに書かれるのを恐れて、当時、仲の良かったビートたけしを岸本とのデート現場に誘って、彼をカモフラージュに利用していたというのは業界内では有名な話。たけしも、2人のために協力していたが、ふたを開けたら、結婚相手は泰葉だった。これにはたけしも、「アイツは、海老名家が持っている、林家正蔵・三平という名跡欲しさに結婚した。名誉欲が強い奴だ」と憤慨したとのエピソードがあるほどだ。

「小朝は、8代目林家正蔵の孫弟子。彼にとって、正蔵の名跡は最高の名誉だった。海老名家から嫁をもらっておけば、襲名への近道だと考えたんでしょう。しかし、正蔵も三平も、泰葉の母、海老名香葉子さんの意向で同家の長男(こぶ平)と次男(いっ平)に持っていかれてしまった。しかも、香葉子さんに命じられて、2人の襲名披露のプロデューサーという裏方に回された。これで海老名家との亀裂は決定的になったようです」(落語業界関係者)

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年11月22日の芸能総合記事
「大物芸人を怒らせた春風亭小朝の野望と独断専行」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    びっくりだにゃ~!

    11
  • 匿名さん 通報

    びっくりだにゃ~!

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「岸部一徳」のニュース

次に読みたい関連記事「岸部一徳」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「林家三平」のニュース

次に読みたい関連記事「林家三平」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。