「実は仕組まれていた!?」大和生命破綻の"真相"

「実は仕組まれていた!?」大和生命破綻の"真相"
旧鹿鳴館跡地に建つ大和生命本社(東京都千代田区)
 経営危機に陥っていた大和生命保険が、10月10日に倒産した。生保会社の破綻は2001年3月の東京生命保険以来7年半ぶりで、その報は取引時間中の東京株式市場を直撃。リーマン・ブラザーズ破綻に端を発する欧米の金融危機の波が日本にも及んだとして、日経平均株価は戦後3番目の下げ率を記録する暴落となった。


 しかし、この破綻のタイミングには不可解な点が多い。大和生命の中園武雄社長は会見で「世界的な金融市場の混乱で、資産運用のために保有していた有価証券で、想定外の急速かつ深刻な価格下落が進んだ」と、破綻の理由を今般の世界的な金融危機によるものと強調。だが、大手生保関係者は「最近の市場混乱がきっかけだなんて嘘っぱち。大和生命の経営は、3~4年前から取り返しのつかないくらい悪くなっていた」と明かす。

「大和生命は、02年に破綻した旧大正生命を買収するなど、事業の拡大を推進。05年には、日興コーディアル証券副社長だった中園氏をトップに招くという異例の人事を行ったが、同社長は、証券会社と同じ感覚で高リスクの資産運用を推進し、失敗。最終利益も黒字を保ってはいたが、これも東京・内幸町という超一等地に建つ本社ビルを600億円超で売却しただけのこと」

 その大和生命がこの時期を自らの命日に選んだのには、中園社長をはじめとする経営陣の"責任逃れ"のためとの見方が強い。高リスクな"バクチ経営"が失敗した末の経営破綻では、マスコミや株主から経営責任を追及されるのは間違いない。しかし、リーマン破綻後に世界的な株安が進行する中で「市場環境のせい」と主張し、経営責任を薄めることを狙ったのではないかというのだ。

...続きを読む

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年11月24日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。