小室哲哉被告の妻KEIKOの浪費家ぶりに非難の声

 著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺罪で起訴され、3000万円の保釈金を払って保釈された音楽プロデューサー・小室哲哉被告。


 保釈金の半分を妻であるKEIKOが支払ったとも報じられたが、その裏では彼女に対する次のような声も囁かれている。

「KEIKOは小室が逮捕されてすぐに、離婚しないことを発表し、出来た妻であることを世間にアピールしました。しかし、今回の逮捕に至るまでに小室を"裸の王様"にさせたのは、KEIKOの責任も大きいとの声も少なくないですよ」(音楽関係者)

 二人して最後まで生活レベルを落とせなかったことが、借金を増大させた原因だったようだ。

「あまり知られていませんが、実はKEIKOは買物が大好きで、次々と高級ブランド品を購入していたようです。こうした庶民からかけ離れたお金の使い方が、借金を背負ってもなお身についてしまっていたのでしょうね」(前同)

 また、KEIKOに関する次のような勘違いエピソードも、ここにきて囁かれている。

「11月12日にKEIKOの実父の一周忌法要が大分県の実家料亭で営まれましたが、マスコミ陣を一様に驚かせたのは、彼女が法事の際に来てきた派手な法事ファションだったと言いますよ」(ワイドショースタッフ)

 KEIKOは伊達メガネに高級の結婚指輪を指に光らせ、女子高生のようなマフラーを巻き、ブーツのように見える革のレッグウォーマーを履いて登場したのだという。

「夫である小室が莫大な借金を抱え、詐欺事件で逮捕されているのに、まだKEIKOはその重大さが分っていないのではないか、との声がマスコミ陣からも聞こえたと言いますよ。法事にギラギラの指輪をつけ、バブリーな格好で登場したんですから」(前同)

 小室被告とKEIKOは月210万円とも言われる高級マンションの家賃を半年近く滞納していることもあり、今後は退去する予定だという。小室夫妻がこの生活レベルを落とせるかどうかも、今後の裁判の行方も左右しそうだ。



【関連記事】 「それでも妻には高級酒」女と金に翻弄された小室哲哉の転落人生
【関連記事】 「6億円支払え!」著作権まで売った"極貧"小室哲哉に厳しい和解案
【関連記事】 報道各紙が一斉に報じた「小室・KEIKO離婚」大誤報の裏側

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年11月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら