使途不明金40億円!? 光文社取締役が突然辞任の怪

使途不明金40億円!? 光文社取締役が突然辞任の怪
数々のスクープを飛ばしてきた『フラッシュ』も<br>風前の灯火?
       
伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。


 大手出版社・光文社で、ある取締役が突然辞任し、波紋を呼んでいる。その役員とは『ディアス』の元編集長だった三橋和夫氏だ。

「三橋氏は今年8月22日付で取締役に就任したのですが、2カ月足らずで突然辞任してしまった。その理由を巡り、様々な憶測が飛んでいるのです」(出版関係者)

 諸説ある理由の中でも有力なのが「使途不明金説」だという。ある光文社関係者が解説する。

「三橋氏は経理担当の取締役でしたが、役員になって経理資料に目を通すと、40億円もの使途不明金を発見し、がく然としたらしい。三橋氏は『このままでは自分が責任を取らせれる、やってられない』と辞任を決意した、というのが有力な辞任の理由といわれてます」

 かつて光文社では、元経理局長が1億2900万円の横領事件を起こし、逮捕されるという不祥事があった。が、今回の40億円が本当だとしたら、それ以上のスキャンダルだ。

「このことに関係あるかどうかは分かりませんが、11月10日に社員集会があり、社長直々に『このままでは3年後に光文社は潰れてしまう』という訓示があった。業績悪化は、10年以上いわれていることですが、さすがにショックでした」(前出光文社関係者)

 また同社発行の写真週刊誌『フラッシュ』などは毎号1000万円以上の赤字が出るという惨状だという。使途不明金に出版不況──出版界には、暗い話題ばかりが続いている。
(神林広恵)



【関連記事】 フジテレビ『印税スター誕生』の横暴に出版業界が大激怒!?
【関連記事】 泰葉が暴露本出版へ!? 緊急会見の裏にアノ敏腕編集者の影
【関連記事】 自費系出版社「新風舎」倒産 放漫経営を物語る内部資料の存在

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年12月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。