「負け組なんていねえ」森義隆29歳が"補欠映画"を撮った理由

「負け組なんていねえ」森義隆29歳が"補欠映画"を撮った理由
       

 昨夏に公開された映画『ひゃくはち』。甲子園を目指す高校球児たちを描いた作品だが、そこには既存の"高校野球映画"のような清廉潔白なイメージは存在しない。主人公は、野球の才能に恵まれず、すでにレギュラーポジションを諦めたふたりの補欠選手。練習後にはタバコをくゆらせ、盛大に酒を飲み、寮に戻れば女のコのことを妄想するばかり。

 そんな"異例"の高校野球映画『ひゃくはち』は公開以降じわじわと評判を呼び、年末には、日本映画製作者協会に所属するプロデューサーがデビュー3作目までの新人監督から選出する「新藤兼人賞」を受賞した。1月23日のDVD発売を前に、29歳の監督・森義隆にこの"補欠映画"にこめた思いを聞く。

──今回、補欠を主人公に選んだ理由は何ですか?

「僕自身が高校の野球部出身なので、本物の高校野球を描こうと思って。そのときに、キレイ事は言いたくないと思ったんです。高校野球って、一般的に美しいものだと思われているし、感動を呼ぶのがそういう"美しさ"の部分だということも理解できる。でも、本当の野球ってテレビの『熱闘甲子園』みたいな美しいことばかりじゃない。レギュラーも補欠も、サボったり、友達を裏切ったり、ライバルを蹴落としたりというのが当然あるんです。甲子園に到るプロセスが全部清らかかと問われれば、明らかに違うんですよね。だって、男子高校生なんて、酒は飲みたいし、タバコも吸いたいし、女の子とヤリたい年頃に決まってるじゃないですか。僕は、そういう現実を含めて高校野球の"清々しさ"だと思うんです」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レギュラー」に関する記事

「レギュラー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レギュラー」の記事

次に読みたい「レギュラー」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年1月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。