幸満ちゃん殺害事件の裏にTBSのモラルなき蛮行

       

 昨年12月、千葉県東金市の成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(5歳)を殺害したとして勝木諒容疑者(21歳)が逮捕された。だが、勝木容疑者が知的障害者であったため、全国の特別支援学校などから「いわれなき偏見を生んでいる」と訴えが続くなど、やり切れない状況になっている。

 そんななか、「事件をめぐる一部の報道こそ、捜査をかく乱し、差別も助長した」という指摘が警察、弁護側双方から噴き出してきた。

「特にTBSの女性記者の行動に対しては、さまざまな面での問題をはらんでいると批判を浴び、告発に発展するのではといわれています」(地元記者)

 まずは、事件について振り返っておこう。県警の発表によると昨年9月21日の白昼、路上を歩いていた幸満ちゃんが勝木容疑者に声をかけられ、自宅マンションへと連れて行かれる。幸満ちゃんは部屋の中でマンガを読んで楽しんでいたが、途中でむずかりだしたため、腹を立てた勝木容疑者が風呂場へ幸満ちゃんを連れて行き、黙らせようとして服を着たまま浴槽に沈めた──県警の調べに、勝木容疑者はこんな供述をしていると報じられた。

 一方、「知的障害者は、同じ質問をしても違う答えが返ってくる場合がある。警察官やマスコミが『○○じゃないか?』と、一方的な質問をぶつけたら、それが本人の頭の中に刷り込まれ、事実と違う調書が出来上がってしまい、それをマスコミが垂れ流すというとんでもない事態になる」と訴えるのは、副島洋明弁護士率いる勝木容疑者の弁護団だ。この副島弁護士は2004年、2つの強盗事件の容疑を掛けられ逮捕された宇都宮市の知的障害者がでっち上げの自白調書を作成されていたことを追及、後に無罪になった事件などを担当した、その道のプロなのだ。


日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年1月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。