「週刊新潮」に登場した赤報隊実行犯"島村"の真偽

「週刊新潮」に登場した赤報隊実行犯"島村"の真偽
島村の独占手記を掲載した『週刊新潮』の中吊り
       
伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。


 「週刊新潮」で赤報隊事件の実行犯を名乗る男が実名手記を掲載、これに関しマスコミ業界が仰天している。

 赤報隊事件とは87年から90年にかけて、朝日新聞や中曽根康弘、竹下登などを標的にしたテロ事件。特に87年、朝日新聞阪神支局に男が襲撃、銃弾を受けた小尻記者(当時25歳)が死亡した事件は言論機関を狙ったテロ事件として世間を震撼させた。これら一連の事件に対し、「赤報隊」を名乗る犯行声明が出されたが、02年には時効が成立している。

 その実行犯を名乗る人物の実名手記──。これは超ド級のスクープだ。

 しかし、この手記の真偽に関し、マスコミでは様々な声が上がっている。

「この島村と名乗る実行犯は、過去多くの新聞やテレビ、ジャーナリストなどに接触しているんです。その都度、裏づけ取材を行ったが確証は得られず、また証言もぶれた。そのため、新潮の記事以前は公になっていなかった」(事件に詳しいジャーナリスト)

 この人物については、警察庁も既に捜査済みだという情報もある。

 さらに、当事者である朝日新聞も「客観的事実と明らかに異なる点が多数ある」と指摘、この事件を追ったことのあるジャーリストの有田芳生氏も自身のブログで「秘密の暴露がいまのところない」などと疑問を呈している。

 過去、赤報隊の犯人を名乗る人物は何人もいた。


日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年2月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。