元電通社員の名もちらつく"中田財団"慈善ビジネスの怪

元電通社員の名もちらつく"中田財団"慈善ビジネスの怪
チャリティなのかビジネスなのか、いまいちハッキリしない<br>「TAKE ACTION FOUNDATION」HP。
 先月22日、元サッカー日本代表の中田英寿が、自身が代表理事を務め、環境問題や貧困問題の解決を目的とする財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」の設立を発表した。この財団の活動目的は、引退した元日本代表選手らで結成されたチームを各地に派遣し、試合やイベントを実施して、地域の活性化を図るとともに、各試合の入場料収入を元にアジア・アフリカなどの貧困国の子どもたちへサッカーボールを贈るといった支援をするもの。傍目には、立派な活動内容と映るかもしれないが、同財団設立を受けて、サッカー界では"嫌中田ムード"が、より一層強まったという。

「所属事務所のサニーサイドアップ(以下、SSU)と中田が、またうさんくさいサッカービジネスを始めた、と見る向きが多い。というのも、この財団運営にあたって資金面でバックアップしているのが、エステ大手のTBC。『2年ぶりに中田がCMに帰ってきた!』なんて大々的に報道されたけど、中田がTBCの広告塔になったワケは、財団のスポンサーになった交換条件というだけです」(サッカー専門誌記者)

 同氏が「うさんくさい」と指摘するのは、ほかにも理由がある。これまで本誌でもたびたび報じたが、中田の所属事務所であるSSUが仕掛けた「ホワイトバンド問題」の前例があるからだ。05年から始まったホワイトバンド・プロジェクトは、貧困救済に向けての提案とその支持を集めることを目的として、シリコン製の白い腕輪を1本300円で販売するというもの。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「環境問題」のニュース

次に読みたい関連記事「環境問題」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年2月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。