相次ぐ大学生の大麻摘発 裏にはお役人の点数稼ぎ

 昨年末頃から、有名大学生による大麻所持の検挙が急増している。10月には法政大学の学生5人が大麻所持の疑いで、また早稲田大学生ら4人が密輸・栽培の現行犯で逮捕されていたことが判明するなどした。年の瀬も押し迫った12月31日には慶應大学生1人、さらに今年に入ってからは、東京大学の大学院生が密輸で逮捕されている。「インターネットによって、大麻種子の輸入・栽培が容易になったため」「音楽フェスやレイヴの普及が原因」など、さまざまな理由の憶測が飛び交っているが、実は検挙急増の裏には、取り締まる側の事情もあるのだという。


「ここ数年で、北朝鮮籍と思われる不審船の数が増えたことなどから、日本海を航行する巡視船の数が増えた。それで監視が厳しくなったせいで、北朝鮮から国内に入ってくる覚醒剤のルートが止まってしまったんです。そのため国内での流通量が減り、覚醒剤での摘発件数が減少。それで、検挙ノルマを達成しようと焦った麻薬取締官たちが、点数稼ぎに大学生を捕まえているという話ですよ」(事情通)

 麻薬取締官、通称"麻取"は、厚生労働省地方厚生局麻薬取締部に所属する、厚労省役人。任務に就く際には拳銃を帯行することも許可された、司法警察員でもある。近年、警察官による検挙ノルマ達成のための拳銃のヤラセ摘発が問題になっているが、麻取にも警察官同様に、年ごとの検挙件数ノルマがある。

「ノルマは公表されていませんが、前年度比を下回ると『督励体制』とされて、取り締まりが強化されます。ノルマの達成度は、次年度予算、キャリアへの評価、装備資器材の購入、休暇、次の異動......これらすべてに影響する。覚醒剤と大麻だったら、有害性で覚醒剤が勝るため、検挙時の評価は高い。取り締まり捜査の際の危険度も高いですからね。でも、検挙件数という数字で見れば、覚醒剤も大麻も同じこと。細かく大学生を捕まえることで数字を稼いで、体面は保てます」(麻薬取締捜査関係者)


日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年2月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。