サエキけんぞうが語る「地下アイドル」の魅力(前編)

サエキけんぞうが語る「地下アイドル」の魅力(前編)
サエキ氏(中央)を囲んで黒崎真音(左)とうさぎのなみ平(右)。<br>いずれもディアステージのアイドルだ。
 1980年にハルメンズとしてデビュー後、パール兄弟を結成。以降、ニューウェイブ、テクノポップサウンドでシーンを牽引し、また作詞家、プロデューサーとしても多彩な才能を見せるサエキけんぞう氏が、最近「地下アイドル」に傾倒しているとの情報をキャッチした! アイドル好きなら先刻承知だろうが、「地下アイドル」とは、メジャーシーンで活躍する一般のアイドルに対して、マイナーなシーン、とりわけ地下に所在するようなライブハウスを主戦場として音楽活動を展開するマイナーアイドルたちのこと。サエキ氏は現在のこの地下アイドルシーンを、「セックス・ピストルズに代表されるパンク・ムーブメントに匹敵する動きではないか」と分析しているのだ。


 しかしながら、05年の「電車男」をはじめとする"アキバブーム"からはや4年。物珍しさから、地下アイドルなどのアキバ文化がメディアに多く取り上げられ世間的にブームとなってからも、すでに久しい。なぜ今、サエキけんぞうともあろうお方が「地下アイドル」なのか? 地下アイドルのどのような点が、かつてのパンクシーンに重なるのか? 本人を直撃した。

──いつから地下アイドルに注目されているんでしょうか?

「DIGICCO(01年から07年まで活動していた、キャンペーンガールユニット)のプロデュースを03年からやっていたので、もともと、いわゆる"地下アイドル"の存在自体は知っていました。で、08年の頭に、私が中京テレビで司会を担当している番組『ウキ→ビジュ』で地下アイドルを採り上げたのですが、そこでディアステージ(秋葉原のライブ、ヲタ芸イベントスペース。カフェ&バーも常設。サエキ氏がプロデュースする地下アイドル・古川未鈴も所属)に所属する女の子たちのパフォーマンスに衝撃を受けたのが最初です」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 地下アイドル ライブ
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2009年2月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「地下アイドル + ライブ」のおすすめ記事

「地下アイドル + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ママドル」のニュース

次に読みたい関連記事「ママドル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「元アイドル」のニュース

次に読みたい関連記事「元アイドル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら