繰り返される「つこうた」データ流出はなぜ止まらないのか

繰り返される「つこうた」データ流出はなぜ止まらないのか
04年にWinny開発者・金子勇氏を著作権侵害行為を<br>幇助した容疑で逮捕した京都府警。金子氏は現在も<br>係争中だ。

 WinnyやShareなど、ファイル共有ソフトを介したデータの流出が止まらない。私生活を撮影したプライベート画像や、住所、氏名などの個人情報、さらには企業の顧客名簿、未公表の企画書、取引先の一覧リストなど、ネット上に一度流出したデータは瞬く間に拡散し、世界中のパソコンやサーバーに保存されることになる。これらの流出データを完全に消去することは、事実上不可能だ。

 巨大掲示板「2ちゃんねる」では、こうした流出騒ぎを「つこうた」と呼ぶ。2005年にWinnyを通じて個人情報を流出させた滋賀県草津市の市議がマスコミの取材に対し「息子に聞いたら『Winnyをつこうた』と言っていた」と応えたのがその語源だ。この市議の例を出すまでもなく、データを流出させたユーザーは「2ちゃんねる」などの掲示板で祭り上げられ、私生活や仕事に深刻な支障をきたすケースも決して少なくないという。

 にも関わらず、データ流出騒ぎは後を絶たない。今年初頭には、ファイル共有ソフトによるデータ流出に関して注意を喚起すべき立場の独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」職員が2GB以上という大量のデータを流出させ、大きな騒動を起こした(記事参照)。

 なぜ「つこうた」は止まらないのか。事情に詳しいネットライターA氏に話を聞いた。

「WinnyやShareを通じてデータを流出させる暴露ウイルスは複数確認されていますが、その多くはユーザーが自らクリックすることで発動する"アプリケーション"なんです。つまり、流出騒ぎを起こすユーザーは自らそのスイッチを押しているということです」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年3月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。