<対談>麻原彰晃四女・松本聡迦×脳機能学者・苫米地英人【1】

 1995年3月20日に起こった、オウム真理教による地下鉄サリン事件から14年。同教団や家族を捨て、自立した生活を送る麻原彰晃の四女と、事件直後から同教団の脱会信者の脱洗脳を手掛けてきた脳機能学者が初めて出会った。2人にとって、オウムとは? 洗脳とは?

 トータル10時間以上に及び、教団の内情から、現代社会の洗脳事情までを語った対談の一部をまずは本誌誌上で独占公開する。

 * * *

松本聡迦(以下、松) はじめまして、松本智津夫の四女の松本聡迦(仮名)です。今日はよろしくお願いします。

苫米地英人(以下、苫) よろしく。

松 苫米地さんの著書は、『洗脳原論』(春秋社)など、いくつか読ませていただきました。オウムに関係したほかの識者の方々と違って、苫米地さんが直接かかわられたのは一連の事件の後だったんですね?

苫 学者仲間の中には、昔からオウムとかかわっていたやつもいたけど、俺はオウムというものも、メディアで騒がれだすまで興味がなかったから。上祐(史浩・現「ひかりの輪」代表)が新興宗教に行ったというのは聞いていたけど。

松 上祐さんとは、学生時代にお知り合いだったんですよね?

苫 そう。1980年前半だよね。彼が早稲田大学の1年生のとき、ディベートのサークルに入ってきたんだけど、俺は上智大学で日本のディベートサークルの統括的な立場にいたから。彼はオウムの広報部長時代、メディア対応はすごく狡猾なイメージがあったけど、あれもディベートの影響だと思う。地下鉄サリン事件の前、彼が記者会見で怒りながら、フリップを放り投げて話題になったことがあったんだけど、あれはディベートの技法では、「私の主張は100パーセント正しいから、二度とこのフリップの議論には戻らないよ」というデモンストレーションなんだよね。そういうことをしっかりやっていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オウム真理教」に関する記事

「オウム真理教」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オウム真理教」の記事

次に読みたい「オウム真理教」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク