派遣の"叫び"がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』

派遣の"叫び"がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』
平日は埼玉にあるキヤノンの工場、週末は東京で日雇いバイト......<br>と借金返済のために働き続けた岩淵弘樹監督。出勤前に猛烈な勢いで納豆ご飯をかき込む。<br>(c)2007.W-TVOFFICE

 雇用縮小のニュースが連日のように伝えられる今日、タイムリーなドキュメンタリー映画が公開される。映画完成後も派遣社員として働き続けた岩淵弘樹監督(1983年生まれ)の『遭難フリーター』がそれだ。キヤノンの本庄工場でプリンターにフタをする単純作業を日々繰り返していた岩淵監督のどん底生活を、2006年3月から約1年間にわたってデジカメで記録したもので、現代版『蟹工船』とも言えるシビアな内容となっている。

 派遣社員として当時の月給は19万円だが、住居費や光熱費などが天引きされ、残りは12万円。そのうち6万円は借金の返済に消える。納豆ご飯や30円のソーメンを食って空腹を満たす生活だ。休日は上京してデモ行進に参加するが「こんなことをしても、世の中は変わらないんじゃないか」とか、非正規雇用の実態を取材にきたNHKや関西テレビに対して「オレを世の中の被害者にしたいだけ」「オレの気持ちを勝手に代弁するな」など、岩淵監督の心の叫びが綴られていく。

 若者の雇用問題をめぐる居酒屋でのトークイベントでは団塊の世代と思われる初対面のオッサンから「フリーターの"フリー"は、君たちじゃなくて雇用者が"自由"ということなんだよ。君たちは奴隷。30歳になってから気付いても遅いよ」と説教されるシーンも織り込まれた、自虐的なセルフドキュメンタリーだ。岩淵監督は、さらにカメラに向かって叫ぶ、「負け組、負け組って、オレは一体誰に負けたんだ? 誰の奴隷なんだ?」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年3月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。