若者を"食い物"にしているのは企業? メディア? 論壇?(後編)

若者を"食い物"にしているのは企業? メディア? 論壇?(後編)
速水氏の『自分探しが止まらない』と後藤氏の<br>『おまえが若者を語るな!』。ともに昨年出版<br>された、若者を論じる上での必携書。

前編はこちらから

──そのせいか、最近は事件が起きると、メディアは、社会学者など、アカデミズム系の人にばかりコメントを求めますよね。

速水 さらに、秋葉原通り魔事件のときには売れっ子の学者がこぞって「事件について語るな」と互いを牽制した。「ついに椅子取りゲームが始まったか!」という感すらあります。本来、面白いことを言うのは雑誌のコラムニストの役割だったはず。専門家ではない立場から、学者には言えないことをズバッと書いたり。批評家の役割も、社会学者とは違う立場で物を言うことだと思うんですけどね。

後藤 コメントの横に「社会学者」と書かれるから、内容がエッセイ的であっても、受け手がそれを「社会学」だと思ってしまうのも問題。社会学には、もっと地味で堅実な分野もたくさんあるのに(笑)。

速水 やっぱり、宮台さんを倒したい?

後藤 とりあえず、宮台社会学は耐用年数切れだと思うので葬り去られるべきです。

速水 僕は協力はしません!(笑)ただ、葬るなら宮台さんより面白くならないと。

後藤 私は凡庸なことしか言えないからなぁ。

速水 でも、『おまえが~』のように、データを示しながら、俗流若者論の不備を身もフタもなく暴くやり口は面白いですよ。

後藤 そのせいで「エビデンス厨」って叩かれもするんですが(笑)。ただ、もう少しエビデンスにも目を向けてほしい。特に若者論では、通説や極論のほうがウケるのが気がかりです。最近だと(フリーターの立場からワーキングプア問題を語る)赤木智弘さんとか。彼は俗流若者論批判もしているんですが、一方で「自分の世代こそが被害者。高齢者を追い出せ」と、しきりに言いだした。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年3月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。