少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』

少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』
家庭の温かさを知らずに施設で育った葉子(水沢奈子)は、肉親の愛情を一身に浴びて暮らす<br>"たまみ"と家庭内での生存権を賭けたバトルを繰り広げることに。<br>(c)2008 楳図かずお・小学館/「赤んぼ少女」フィルムパートナーズ
       

 吉祥寺の"まことちゃんハウス"が体現しているように、楳図かずお先生は幾つになっても世間をびっくりさせる"永遠の悪戯小僧"だ。漫画家デビュー50周年を迎えた2005年以降、さまざまな楳図漫画が映画化されているが、残念ながらまだ成功した作品は少ない。楳図先生のイマジネーション溢れすぎた原作コミックに、実写が太刀打ちできずに終わってしまったケースがほとんどである。近年、楳図ファンを満足させた作品は『楳図かずお恐怖劇場』の一編、井口昇監督の『まだらの少女』(05)ぐらいだろう。まだ小学生だった成海璃子の映画初主演作であり、成海璃子が松田優作ばりの凄みを見せた傑作ホラーとなっている。過去の成功例である湯浅憲明監督作『蛇娘と白髪鬼』(68)と照らし合わせてみても、楳図作品の実写化は子どもが主人公であること、監督も"オトナコドモ"であることが重要ポイントだとわかる。

 1967年の作品ながら楳図ファンの人気が高い恐怖漫画『赤んぼ少女』を山口雄大監督が映画化すると聞いたときは一抹の不安がよぎった。ひたすらバカ映画を撮り続ける山口監督は"オトナコドモ"であることには間違いないが、『魁!!クロマティ高校』(05)のようなギャグ映画になってしまうのではないかと。しかし、山口監督は自分の得意技であるナンセンスギャグを完全封印することで、見事に楳図ワールドを長編実写映画として再構築してみせた。

 山口監督は『クロ高』や『激情版 エリートヤンキー三郎』(09)などハチャメチャな作風の印象が強いが、意外とこの監督は自分を押し殺すことで名作を生み出している。山口監督のデビュー作『地獄甲子園』(02)は野球映画という建前があることで、はつらつとした青春ゾンビ映画に仕上がった。日でスマッシュヒットとなった井口監督のスプラッター映画『片腕マシンガール』(08)は、最初は『Meatball Machine』(06)を撮った山口監督にオファーが届いたところ、山口監督が「自分よりも適任の人物がいる」と井口監督を推薦したという美談が残されている。そして『赤んぼ少女』も自らギャグを禁じ手にしたことで、山口監督がバカ映画の中で着実に身に付けてきた演出力が生きた作品となった。


あわせて読みたい

楳図かずおのプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「楳図かずお」に関する記事

「楳図かずお」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「楳図かずお」の記事

次に読みたい「楳図かずお」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年3月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 楳図かずお 漫画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。