「時代が追いついてきた」ケンドーコバヤシがすべらない3つの理由

       

 土田晃之は、『アメトーーク』(テレビ朝日)の「サッカー日本代表応援芸人」という企画の中で、同番組の出演芸人たちをサッカー日本代表のメンバーに例えていた。そこでフォワードの玉田圭司に例えられ、「チームの点取り屋」として高い評価を受けていた男こそが、ケンドーコバヤシである。土田のこの解説には共演者も観客も深く納得していた。このことからもわかるように、ケンコバの作る笑いに対する世間の信頼はもはや揺るぎないものとなっている。彼こそは、世にも珍しい「すべらない芸人」なのだ。ケンコバはなぜすべらないのだろうか。その理由は大きく3つに分けられる。

 まず最初に挙げられるのは、彼の中にあるベーシックなお笑い能力の高さだ。とある雑誌のインタビューでも、彼は冗談半分に「笑いを取るのなんて簡単」と豪語していたことがある。実際、ケンコバの芸人としての実力は並々ならぬものがある。『アメトーーク』のような複数の芸人が絡むバラエティ番組で力を発揮するのはもちろん、『人志松本のすべらない話』(フジテレビ)のような番組のエピソードトークで笑いを取るのもお手のもの。それ以外にも、コント、大喜利、漫談など、あらゆるジャンルのお笑い芸を高いレベルでこなす天性の才能を備えている。あまりに身も蓋もない話だが、ケンコバが笑いを取れるのは、まず何よりも彼が面白いからなのだ。

 次に挙げられるのは、「常に堂々としている」ということだ。彼はどんな時でも決してあせらないし、必死にならない。自信満々の態度で悠然とボケを放つ。雑誌などの取材や自身が書いているブログでも、受け手を煙に巻くような異次元的なギャグを連発する。いつも自分のペースを保っているケンコバの立ち振る舞いからは、「モテたい」という欲望や「笑ってほしい」という卑屈さが全く感じられない。彼は自分が面白いと思っていることに揺るぎない自信を持ち、それを真っ直ぐに表現しているだけなのだ。こういうことを理想として胸に秘めている芸人は多いが、それを本当に貫き通している芸人はほとんどいない。そんな彼の態度から器の大きさが感じられるからこそ、人々は安心して笑うことができるのだ。


あわせて読みたい

ケンドーコバヤシのプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ケンドーコバヤシ」に関する記事

「ケンドーコバヤシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ケンドーコバヤシ」の記事

次に読みたい「ケンドーコバヤシ」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年3月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. ケンドーコバヤシ Instagram
  2. ケンドーコバヤシ 木村祐一
  3. ケンドーコバヤシ 筋肉

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。