愛娘のデビューに思う"悪女"大竹しのぶと"良父"明石家さんまの関係

愛娘のデビューに思う"悪女"大竹しのぶと"良父"明石家さんまの関係
拡大する(全1枚)
IMALUのブログにはプラ写も。

 明石家さんま大竹しのぶの長女のIMALUが、モデル、タレントとしてデビューすることが明らかになった。さんまと大竹は離婚して17年が経つが、2人について取材した経験をもつ筆者には感慨深いものがある。

 特に、大竹はおっとりした話し方のため、一見、しそうな女性に見えるが、そんなことはない。さんまの人生は、離婚後も大竹に翻弄されてきたと言っていいだろう。一言で言えば、大竹は"悪女"である。

 大竹は1982年に、TBSのドラマディレクターの故・服部晴治さんと結婚するが、これは"略奪婚"だった。当時、服部さんは女優の中村晃子と同棲。事実上、婚約までしていた。それを知りつつも、大竹は服部さんに急接近。中村に「泥棒猫」と言われても動じなかった。

「服部さんは、かなりの遊び人で、大竹と結婚後も銀座のクラブにも彼女が何人かいたんです。ところが、胃がんになって、長期入院することになった。大竹は、ひたすら夫を看病する健気な妻を演じていましたが、一方では、服部さんに内緒で、ドラマで共演したさんまとデートを繰り返したいんです」(元TBS関係者)

 服部さんは、胃がんで87年に他界するが、大竹は夫が亡くなる前から、さんまと不倫関係にあったのだ。

 翌年に、さんまと再婚。ショックを受けたのは、大竹の"芸能界育ての親"と言われていた所属事務所のS社長だった。

「結婚と同時に、大竹はさんまの個人事務所に移籍してしまったんです。それまでさまざまなタレントを手がけていたんですが、裏切られたショックで、芸能マネジメントから手を引いてしまったんです」(事情を知る知人のマネジャー)


編集部おすすめ
大竹しのぶのプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大竹しのぶ」に関する記事

「大竹しのぶ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク