「進まぬトヨタの具体的認否」2007F1日本GP訴訟第六回口頭弁論傍聴記

 2007年9月に富士スピードウェイで開催されたF1日本グランプリのずさんな運営により、「劣悪な環境の中、長時間のバス待ちを余儀なくされ、精神的苦痛を受けた」として観客109名が富士スピードウェイ(以下、FSW)に対し損害賠償を求めた裁判の第六回口頭弁論が、3月26日3時より東京地裁で行われた。

 原告側は、被告から具体的な反論・認否がなされないこと、バスの運行計画や実際の状況が分かる資料等が一切提出されないことから、今回文書提出命令を申し立てた。

●これまでの経緯
【第1回】"ずさんなF1"訴訟──富士スピードウェイに反省の色なし
【第2回】「どなたが失禁を?」F1日本GP訴訟 第二回口頭弁論傍聴記
【第3回】「今年は天国、ただしガラガラ」2007F1日本GP訴訟第三回傍聴記
【第4回】再び「どなたが失禁?」F1日本GP訴訟第四回傍聴記
【第5回】「トヨタやる気なし!?」2007F1日本GP訴訟第五回口頭弁論傍聴記

 これに対し被告は文書提出命令の対象となる書類が広範囲に渡る上に膨大で、たとえ提出したとしてもすぐに分析できる量ではないことや、合理性がみられないものも含まれると主張した。

 原告側は文書提出命令の申立は被告が必要な証拠をまったく出してこないためだとし、改めて提出を求めた。同時に被告から必要な証拠が提出されれば、申立の内容を再検討する用意があることを明らかにした。

 被告は第3準備書面にて、スタートに間に合わなかった観客に対する払い戻しの件についての手順、バスの運行計画に関する主張を明らかにした。被告準備書面によると、手書きで遅延証明書を作成、コピーしたものを東ゲートで発給したと主張する一方で、西ゲートでは対象者はいなかったとし、また手書きの遅延証明書の現物は提出していない。バスの運行計画に関しては、バス手配の検討フローチャートや、各アクセスポイントのシャトルバス運行計画一覧表などを添付して主張した。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年4月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。