逃げる外資は無頓着!? 皇居横のAIGビル売却

 2月13日、米政府から公的資金の注入を受けて経営再建中のAIGが、東京・丸の内に保有している日本法人本社ビル「AIGビル」の売却を決めたと報じられた。丸の内のAIGビルといえば、皇居を見下ろす一等地にあり、いわばAIGの象徴ともいえる建物。同社の日本人社員は「AIGビルで働くことにステータスを感じたことも多い。あのビルを売るところまで追い込まれているのか......」と嘆息する。

 一方、AIGの米国人社員は「単にビルを売っただけ。保険事業の売却などと比べると金額も低く、インパクトは少ない」と言い放つ。ただ、米国人社員のこうした態度は今に始まったことではなく、過去には驚くような本社移転計画もあったという。

「80年代後半にAIG日本法人の事業が急拡大したことで、手狭になった本社の移転が話し合われた。この時には、米国から来た役員が『丸の内なんて土地代が高いだけだから、もっとコストが低くて便利な場所に本社を建てろ』と主張。候補地として挙げられたのが、千葉の成田や松戸だったため、会議室にいた日本人全員が椅子から転げ落ちそうになった。そりゃ、アメリカ人にとっては成田空港から近いほうが便利なんだろうけど、いくらなんでも成田では社員も困るからと、必死になって止めた(笑)」(AIG元社員)

 AIGビルは同社の登記上の本社ではあるが、すでに本社機能の大半は97年に錦糸町のAIGタワーに移っている。現在、ビル内の大半はテナントに貸し出されているが、それでもAIGビルが売却されないでいたのには、"一部の社員"が猛烈に反対したことが影響しているという。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年4月11日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。