大英断!? 夕刊紙「内外タイムス」が紙面から"エロ"を一掃した!

大英断!? 夕刊紙「内外タイムス」が紙面から"エロ"を一掃した!
例えば4月10日号の「内外タイムス」。<br>確かにエロがない......!

 4月6日発売の夕刊紙「内外タイムス」に異変が起きた。エロネタとエロ広告満載だった同紙の一面から裏一面まで、14ページ立ての紙面から一切のエロが消えたのだ。これは事件である。同紙関係者が明かす。

「現在のオーナーは不動産業者ですが、このままエロを続けていても展望がないだろうと英断し、"エロゼロ計画"がスタートしたのです。もちろん、不安はありますよ。エロ広告で日銭が多少なりとも入ってきたわけですからね。ただ、オーナーの意向には逆らえないという感じですね」

 内外名物だったストリップ記事も消え、同紙のエロネタで飯を食っていたライターや広告代理店社員には転職を余儀なくされる人間も出ているという。

 問題はこの先の展望。エロが消えたからといって、一般的な広告が入るのか? と疑問の声が、早くも社内から出ているという。

「この経済状態ですからね、広告なんて取れやしませんよ。紙面刷新を記念に、タダで広告を入れている部分もかなりあるようですが、この先どうなることやら。それよりも怖いのは、エロ情報を欲していた読者が逃げることです。そういう人は、『東京スポーツ』『夕刊フジ』を読みたがりますよ、普通に考えれば......」(前同)

 見事な路線転向なのか、最後の悪あがきなのか、内外経営のお手並みが試されるところだ。


【関連記事】 裁判員制度で大わらわ 新聞各社が「自主規制」を開始
【関連記事】 読売新聞がジャーナリストを"言いがかり"で言論封殺
【関連記事】 社説まで間違えた!? 大誤報連発の毎日新聞は大丈夫か


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年4月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。