北野誠の無期限謹慎とバーニング騒動に芸能マスコミの未来を憂う

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 タレントの北野誠の"不適切発言"で所属の松竹芸能は、北野に"無期限謹慎"という厳しい処分を言い渡し、自らも日本音楽事業者協会を脱退することでケジメをつけた。この"無期限謹慎"が意味するものは、関西における芸能ジャーナリズムの稚拙さと、吉本興業をはじめとして、関西芸能プロの東京進出の難しさを浮き彫りにしたように思える。

 北野がパーソナリティを務めていた関西ローカルのラジオ『誠のサイキック青年団』(朝日放送)が、約21年間にわたって芸能界の裏ネタ情報を暴露してきたことを、筆者は今回の騒動で初めて知った。騒動のキッカケは、熱心なリスナーが、番組と関連のトークイベントを録音して、芸能関係者の送りつけていたこと。それにより、北野の発言が発覚したのだった。

 そのことを受けて、そのリスナーを「ケシカラン」というマスコミ関係者もいるようだが、果たしてそうだろうか? 芸能裏ネタを、裏も取らずにメディアが報じたものに多少の色をつけて放送する。しゃべるほうは軽いネタのつもりだろうが、聞いているリスナーは信用してしまう。それを、関西ローカルでしゃべり続けてきた。「わからんやろ」「許されるだろう」という感覚で続けてきたと思わざるを得ない。

 これは、関西のワイドショーで、東京では話せない裏ネタをしゃべり続けてきた"関西出稼ぎ芸能リポーター"たちにも同様のことが言える。以前から、東京の大手プロを中心にした芸能プロが加盟する日本音楽事業者協会は、こうした関西のワイドショーなどを苦々しく思っていた。ましてや、"芸能界のドン"と呼ばれているバーニングプロダクションの周防郁雄社長を、北野が「やくざみたいなもんやから」と言ったというのだから、音事協がクレームをつけるのは時間の問題だったと言える。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク