虐待される子どもたちを救え!  施設育ちの元ボクサーの闘い(前編)

虐待される子どもたちを救え!  施設育ちの元ボクサーの闘い(前編)
坂本の"熱"を受けて、子どもたちもいつの間にかボクシングを楽しんでいる。

 2007年、一人のボクサーが15年の現役生活に別れを告げた。世界タイトルマッチに4回挑戦し、いずれも敗れたものの、幾多の名勝負を演じてきた坂本博之である。現在、坂本は角海老宝石ジムのトレーナーとして活動するその一方で、児童虐待などが目立っている子どもたちを取り巻く状況に対し危機感を抱いているという。彼自身の幼少時代の体験やプロボクサーとして培ってきた「熱」を伝えるために、全国の児童擁護施設を訪問している坂本の姿を追った。

「誰だって愛されたいんだよ」

 38歳の元ボクサーが、やるせなさの滲んだ声で言う。

「だけど親に虐待された子が、捨てられた子が、自分は愛されているなんてどうしたら思える? 恐怖を味わわされた子が大人を信じることができると思う? ......無理だよ。だからこそ、俺はどうしても伝えてやりたいんだ。君たちを傷つける大人ばかりじゃないってことを」

 坂本博之。戦績は、47戦39勝7敗1分29KO。ハードなパンチで、平成のKOキングと呼ばれ、広く深く、愛され続けた元東洋太平洋及び日本ライト級チャンピオンだ。

 現役時代から「こころの青空基金」(下記参照)を設立し、児童養護施設への援助を行っていたが、2年前の引退以降、本格的な支援活動に情熱を注いでいる。

 現在、日本には、環境上、養護を要する子どもなどが入所する児童養護施設が560もある。少子化は進む一方だというのに、この2年で2カ所も増設され、施設に入所する前にさまざまな手続きや相談、検査を行う児童相談所は、満杯で順番待ちだという。虐待を理由に入所する児童は全体の6割を超えた。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年5月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。