禁煙ファシズムを加速させるマスコミとJRは人殺し!?(前編)

禁煙ファシズムを加速させるマスコミとJRは人殺し!?(前編)
今年4月から、首都圏のJR各駅のホームが全面禁<br>煙に。約200駅のホーム上にある計約370カ所の喫<br>煙所から灰皿が撤去された。

 4月から始まった首都圏のJR各駅での全面禁煙など、ここ数年のタバコをめぐる規制の数々に、喫煙者はますます肩身が狭くなるばかり。しかし、「タバコ=絶対悪」といった社会を覆う極端な空気のほうがなんだか澱んでいるような......。

 03年に施行された「健康増進法」によって、喫煙者への攻勢は加速度的に増し、タバコを擁護する言論や表現をメディアでめっきり見かけなくなった。ヒステリックにタバコ規制へ突き進む、このような社会状況を「禁煙ファシズム」として厳しく批判してきた小谷野敦氏に話を聞いた。

──小谷野さん編著の『禁煙ファシズムと戦う』(ベスト新書)が発刊されてから4年近くたちます。嫌煙運動を批判することが、もはや一種のタブーと化しつつありますね。

小谷野(以下、小)  マスコミが一番悪いですよ。特に四大新聞は、嫌煙家の投書は盛んに掲載するくせに、私のような批判者の言い分は一切取り上げようとしない。タバコの是非をめぐって公の場で議論すること自体が無理という現状は、末期的症状といえます。

──なぜ新聞は、嫌煙運動への批判を避けるのでしょうか?

小 嫌煙運動家は、人数的には決して多くはないんだけれども、新聞社にバーッと抗議を寄せる圧力団体と化している。新聞社はそれを恐れて、喫煙擁護派の言い分を一切載せなくなってしまった。だから私はもう、新聞には何も期待しない。むしろ新聞そのものが潰れることを期待しています。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年5月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。