驚愕! 千葉市長汚職事件のキーマンは大手新聞と警視庁の幹部だった

 首都圏で100万人規模の政令指定都市といえば、ちょっとした県知事クラスをもしのぐ影響力を持っているものだ。そんな主要都市のひとつに数えられる千葉市で、8年間トップだった鶴岡啓一市長が100万円のわいろをもらった収賄容疑で再逮捕されたのは、今月14日のこと。摘発したのは、東京地検特捜部と並んで政治家の捜査に強い警視庁捜査2課だ。

「どうしてあの官僚出身の堅物が」「よりにもよって警視庁に逮捕されるなんて」

 地元では、そんな意外な受け止め方が多いようだが、一皮むくとこの事件、マスコミもからんだかなりやばいスキャンダルをはらんでいることがわかってきたので、報告しておこう。

 逮捕容疑を見ておくと、千葉市発注の街路工事などをめぐり、2005年5月に、土木建築会社「東起業」(東京都江東区)から現金100万円を受け取ったという。これとは別に100万円を受け取った容疑で逮捕されており、わいろ額は計200万円。

 だが、「鶴岡さんは東大法学部から自治省に入り、政治資金に関する法律整備も手掛けた人物で、カネについてはまさに堅物。こういっちゃなんだけど、たかが100万、200万のカネを喜んで受け取るような人じゃない」――千葉市役所の幹部たちはこう断言する。では、鶴岡容疑者と東起業の接点はいったいどこにあるのか。

 実は、警視庁が取り調べのなかで、鶴岡容疑者にこんな興味津々の追及をしているという。警視庁関係者の証言をもとにそのやりとりを再現してみよう。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年5月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。