「日刊スポーツの誤報だった!?」日テレ宮崎アナの退社騒動は何だったのか

「日刊スポーツの誤報だった!?」日テレ宮崎アナの退社騒動は何だったのか
宮崎(右)は夏目三久(左)に押されて居場所が<br>なくなった!?(『ベスト・ヒット!日テレ55』より)

 21日、『日刊スポーツ』が報じた日本テレビ宮崎宣子アナの退社報道。同紙によれば、6月以降のレギュラー番組を降板。有給休暇を消化した夏には正式に退社するという。その後は芸能事務所に所属し、フリーアナとして活動すると伝えているのだ。

 日テレの情報番組『ラジかるッ!!』でのおバカ発言がウケてブレイクした宮崎アナだが、4月に『ラジかるッ!!』を受け継いだ番組『おもいッきりDON!』ではその座を同局のアイドルアナ・夏目三久に奪われ、仕事量が激減。「腐っていた」(日テレ関係者)のは事実だという。だが、どうやら今回の報道は『日刊』の勇み足のようだ。

「『ラジかるッ!!』終了後、宮崎がいろいろな芸能関係者に愚痴をこぼして、相談していたのは事実。だが、彼女は周囲に今回の騒動について『(退社は)誤報なんですよ』と話しているそうです。だから、今すぐのフリー転身はないのでは?」(芸能プロ関係者)

 確かに日本テレビ広報部は「今回の件は把握していない」と彼女の退社を認めておらず、その後、後追いする報道も今のところ出てきていない。では、なぜこのような話が出回ったのか?

「日刊がトバし癖のある新聞ということもありますが、宮崎は大手芸能事務所のKやW、また意外なところではアーティストを多く抱えるVなんかの幹部とも親しく、またその人も宮崎のことを"イイ子なんだよ~"と可愛がっているそうです。今回の報道はそこからの情報のような気がしますね」(芸能レポーター)

 もとより宮崎アナといえば、仕切りや佇まいを含めた「アナウンサー」としての実力より「タレント」的に人気が出た人。仮にフリーになったとしても「女子アナなのに"おバカ"だからこそ成立していた」という声を払拭する"何か"が必要になるだろう。



【関連記事】 「誰がファンなの!?」いつの間にか"テレビの顔"になった中山秀征
【関連記事】 「あれ、ぐっさんは?」TBS『リンカーン』から山口智充が消えた理由
【関連記事】 "童貞論争"に終止符! はんにゃ金田のキャラクター戦略とは

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2009年5月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。