ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』

ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』
芸術家のアントニオ(ハビエル・バルデム)と米国娘クリスティーナ(スカーレット・<br />ヨハンソン)が同棲生活を送っているところに、アントニオの元妻マリア<br />(ペネロペ・クルス)が参戦。男と女の修羅場がエンターテイメントとして描かれる。<br />もはやウディ・アレン監督の独壇場だ。<br />(C)2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.
       

 何かいいことないか子猫チャン? ふふ、あなたも好きものね。ということで、今週はウディ・アレン監督の『それでも恋するバルセロナ』をご紹介。ウディ・アレン御大は今年すでに73歳。『アニー・ホール』(77)『マンハッタン』(79)のダイアン・キートン、『カメレオンマン』(83)『カイロの紫のバラ』(85)のミア・ファローに続く、"第3のミューズ"スカーレット・ヨハンソンを手に入れたウディ・アレンは、ホームグランドであるNYを離れても絶好調。ロンドンを舞台にした犯罪ミステリー『マッチポイント』(05)『タロットカード殺人事件』(06)に続くヨハンソンとの"年の差コンビ"第3弾となる本作は、南国スペインでロケが行なわれた。『ノーカントリー』(07)のおかっぱ殺人鬼ハビエル・バルデムを自分の分身として、恋愛自由主義の米国娘スカーレット・ヨハンソン、芸術家肌の情熱的な美女ペネロペ・クルス、生真面目な女子大生レベッカ・ホールたちとウハウハな"おいしい生活"を送る。"重罪と軽罪"なんて知らないよとばかりに、ウディ・アレンの脳内願望がそのまま映像化されたアンモラルな恋愛コメディなのだ。

 自称、芸術家の卵のクリスティーナ(ヨハンソン)と婚約者のいる女子大生のヴィッキー(ホール)はひと夏を過ごすため、スペインのバルセロナへ。深夜営業のレストランで、プレイボーイの芸術家アントニオ(バルデム)から「これから小旅行に出て、3人でセックスしよう」と持ち掛けられる。アントニオの提案に興味津々のクリスティーナだけでなく、お目付役としてヴィッキーも同行することに。スペインの開放的な"サマー・ナイト"を過ごしたクリスティーナとヴィッキーは次第にアントニオに夢中になっていく。そこへ、ぶち切れると刃物を振り回す危険なアントニオの元妻マリア(クルス)が登場。恋の三角関係ならぬ変形四角形がくるくると回り出す。そんな"バナナ"と言うなかれ。みんな本当は関心があるくせに、ちょっと口に出しにくい大人のSEXのすべてがウディ・アレンによって軽快に描かれていくのだ。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年6月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。