ぬれせんべいで3億円! でも銚子電鉄が憂鬱な訳

ぬれせんべいで3億円! でも銚子電鉄が憂鬱な訳
取材した日は、ご老人の団体客で結構賑わってました。

 「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」

 06年11月、車両検査費用が捻出できず廃線危機に立たされた銚子電鉄は、こんな一文とともに"副業"として製造するぬれせんべいの購入をホームページを通じて呼びかけた。これがネットやメディアで話題となり注文が殺到、"銚電ブーム"が訪れた。有志による「銚子電鉄サポーターズ」から基金約1600万円も寄贈された。

 あれから2年半、経営状況はどうなっただろうか――。

「背水の陣です」

 鉄道部次長の向後功作氏からそんな言葉が漏れた。

 事業報告書を見ると、07年度の営業損益は約9812万円の黒字を計上。しかし、08年度は約960万円の黒字にとどまった。しかも、よく見ると鉄道事業は約1億5000万円の収入で約8741万円の赤字(08年度)。ぬれせんべいやたいやきなどの副業収入約4億1200万円から経費を引いた利益約9700万円で、鉄道業の赤字を補う形となっている。

 06年に起きた前社長の横領事件の影響で銀行の融資や自治体の補助金はストップしたまま。再開の見込みはない。

 鉄道はとにかく金がかかる。銚子電鉄はたった6.4㎞の運行ながら、枕木の交換など安全対策工事費だけで毎年1億円程度必要だ。戦前戦後に製造された"レトロ"な車両も5両のうち最低3両は早急に更新しなければならない。

「通常、代替更新だけで1両で1億円近くかかります。幸い他社から格安で譲っていただけることになったんですが、輸送費や検査費などはかかる。しかも、年内に新車両を導入しなければダイヤを維持できない。瀬戸際なんです」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年7月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。