お騒がせ森田健作知事 今度は国と地方を大攻撃の内幕本出版へ

 森田健作千葉県知事の就任後、初となる自著『逆境力』(双葉社)が8月1日に出版される。

 8月1日といえば、森田知事が麻生総理や国交省と闘いの末に実現させた、川崎と木更津の両市を結ぶ東京湾アクアラインの通行料が3,000円から800円へと値下げされる日でもある。

 就任以降、さまざまなスキャンダルが噴出するなど、お騒がせの森田知事だが、同書には森田氏がアクアライン値下げ構想を実現させるために、麻生総理に直談判した"オフレコ話"も収録されているといわれ、発売となれば総選挙を前に騒動となるのは必至だといえそうだ。ある永田町関係者が明かす。

「新著『逆境力』の内容に関する噂が永田町ではすでに流れ、一部では早くも騒然となっていますよ。聞くところでは、同書では、森田知事が92年に参議院議員として初当選して以降、現役国会議員時代に見聞きしてきた永田町の魑魅魍魎(ちみもうりょう)の実態をバッサリ斬って捨てているというんですよ」

 たとえば、森喜朗 元総理との敵対関係や、泣く子も黙るといわれた自民党幹部からの圧力、公明党との対立、派閥の先輩議員から受けたイジメなどのエピソードも綴られているという。

 だが、森田知事が斬って捨てているのは、それだけではない。森田知事はアクアラインが800円に値下げされるまでの"国交省"官僚との死闘も赤裸々に告白しているため、霞が関でも同書に対する反発は避けられそうにない。

「総選挙で民主党が政権を獲れば、高速道路は無料化されるといわれていますが......。その最中、財源問題などで国交省は揺れに揺れているという矢先に、森田氏が本の中で同省には守旧派がおり、自分のアクアライン構想を長年にわたって邪魔してきた、とブチ撒けているんですからね」(全国紙国交省担当記者)


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年7月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。