政権交代でどうなる!? 経産省VS財務相の『官僚たちの夏』

 とりわけ財務省が危機感を抱いているのは、民主党が同省に対し「官僚制度の象徴」として苛烈な攻撃を仕掛けてくることが想像に難くないから。折しも現在の同省トップは、小泉政権下で秘書官を務めた丹呉泰健事務次官で、自民党と近い官僚の代表格。民主党の鳩山由紀夫代表はすでに、「政権を取った際には国家戦略局を新設し、予算の骨格を決める」と丹呉事務次官に言い渡し、これまでの同省主導による予算編成体制を根本から改めることを通告している。実際、年末に2010年度の予算編成作業が進むにつれ、民主党と財務省との亀裂が決定的になっていくことは間違いないと見られているのだ。

 このような動きを財務省凋落の好機ととらえ、民主党政権に移行後、経産省がさらに影響力を増すことも考えられる。実際、「これが財務省の上に上がるための最後のチャンス」(霞が関関係者)として、経産省がエコポイントや産業再生法に続く二の矢三の矢を放つ準備を着々と進めているとの声も。

「政権交代前後には、財務省と経産省だけでなく、霞が関のありとあらゆる省庁が、組織防衛のためにありとあらゆる手段を打ってくる。むしろ"焼け太り"になることもないわけではない」(前出・全国紙経済部デスク)

 ドラマ『官僚たちの夏』では、敗戦後の日本を少しでも豊かにしようと奮闘する役人の姿が描かれている。しかし平成版「官僚たちの夏」では、省益の維持のみをかけた、国民不在の熱い戦いが繰り広げられているようだ。そんなことやってたら、それこそ民主党に揚げ足を取られてしまうことになりかねない気もするが......。
(文=千代田文矢/「サイゾー」9月号より)



【関連記事】 読売と日経が隠蔽した !?「民主党圧勝」世論調査の"秘密"
【関連記事】 ギマンだらけの電機業界救済法は経産省の省益拡大策なのか!?
【関連記事】 頭打ちケータイキャリアを救う? ライフログビジネスの可能性とは

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「経済産業省 + キャッシュレス」のおすすめ記事

「経済産業省 + キャッシュレス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環境省」のニュース

次に読みたい関連記事「環境省」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年8月31日の社会記事

キーワード一覧

  1. 経済産業省 キャッシュレス

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。