萩原健一、松方弘樹の助演陣が過剰すぎ! 小栗旬主演の時代活劇『TAJOMARU』

萩原健一、松方弘樹の助演陣が過剰すぎ! 小栗旬主演の時代活劇『TAJOMARU』
由緒ある良家の心優しい次男坊として生まれ育った畠山直光(小栗旬)は<br />許嫁の阿古姫(柴本幸)と駆け落ちするが、次々と理不尽な目に遭遇。<br />森の中で盗賊の多襄丸(松方弘樹)に襲われ、阿古姫を手込めにされる。<br />(C)2009「TAJOMARU」製作委員会

『クローズZERO』(07)、『クローズZEROII』(09)の大ヒットで若手俳優陣の筆頭格に躍り出た小栗旬。10月スタートの"月9"『東京DOGS』(フジテレビ系)の主演、2010年公開の『SURELY SOMEDAY(仮題)』での監督デビューも決まり、イケイケ状態にある彼の最新主演映画となるのが『TAJOMARU』だ。黒澤明監督、三船敏郎主演の法廷時代劇『羅生門』(50)と同じく芥川龍之介の短編小説『薮の中』が原作だが、本作は異常なまでに過剰なアクション時代劇としてアレンジされている。原作ではただの死体としてしか登場しない非力な侍が、本作では大盗賊・多襄丸から伝説の名刀・浪切の剣を譲渡され、戦乱の世を自由に生きる2代目多襄丸を名乗って大活躍するのだから、芥川龍之介も天国でビックリだろう。そして、特筆すべきは"永遠の不良貴公子"萩原健一の5年ぶりとなる映画復帰作であること。2代目多襄丸こと畠山直光を演じた小栗旬にとって、ショーケン、そして『仁義なき戦い』(73)で時代を築いた松方弘樹という大物俳優を迎え撃つ"試練の二番勝負!"という趣向の映画なのだ。

 萩原健一の後見人として瀬戸内寂聴がいるように、小栗旬の後見人として存在しているのが、『クローズZERO』2部作に続き本作も手掛けている山本又一朗プロデューサーだ。クランクインの2週間前に監督が決まったという本作は、『SF サムライ・フィクション』(98)の中野裕之監督のスタイリッシュな世界というよりは、山本又一朗プロデューサーの押し出しの強い人間味がより濃く出た作品といえる。脚本にはショーケンとは『太陽にほえろ!』『傷だらけの天使』(ともに日本テレビ系)からの付き合いになるベテラン・市川森一を起用し、山本又一朗プロデューサーも『あずみ』(03)、『あずみ2』(05)に続いて水島力也名義で共同執筆。『クローズZERO』での好演が評価されたやべきょうすけが盗賊仲間として小栗旬とつるむ様子は『クローズZERO』の源治と拳さんコンビのご先祖さまのエピソードのようであり、その一方で初代多襄丸役の松方弘樹、将軍・足利義政役のショーケンのそれぞれ浮世離れしたキャラクター造形は、今どきのシネコン向け映画ではお目にかかれない異彩を放つ。でもって主題歌はB'z。『ドラえもん』に出てくるジャイアンシチューを思わせる、何ともごった煮感が漂う異色作である。


あわせて読みたい

萩原健一のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「萩原健一 + ドラマ」のおすすめ記事

「萩原健一 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「萩原健一 + 水谷豊」のおすすめ記事

「萩原健一 + 水谷豊」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松方弘樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松方弘樹」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年9月8日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 萩原健一 ドラマ
  2. 萩原健一 水谷豊

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。