「サーファー=薬物汚染」!? 酒井法子夫妻の覚せい罪逮捕で疑われる人々

 サーフィンという共通の趣味が高じて知り合い、結婚した高相祐一と酒井法子の夫婦。連日の過熱報道が思わぬところで影響を及ぼしている。

「テレビをつけると、どこも酒井法子のニュースばかり。最近は、あまりテレビで言うことはなくなったけど、最初のうちは、サーフィンが趣味で知り合って結婚したっていってたでしょ。だから、お年寄りのおばあちゃん達に"アンタはやっとらんよね?"って何度も聞かれて参りましたよ」と話すのは、鹿児島県の南に位置する種子島在住のサーファー。彼は4年前に東京から島に移住した。理由は、「いい波を求めて」だ。

 結婚する前、キムタクと工藤静香がサーフィンデートしたこともあるほど、種子島はサーファー達にとっていい波がくるスポットとして有名だ。種子島には若者は少ない。高校を卒業した若者達は、職や大学進学で島を出るからである。しかし、10年ほど前から、波乗りを愛する若者達が移住してくるようになった。彼らは島に住み、島で働くのだが、島の仕事は限られているため、介護の資格を取得し病院でリハビリの介護士や訪問ヘルパーとして働く波乗り好きの移住組は多い。

 テレビが唯一の娯楽といってもおかしくない島のお年寄りにとってみれば、「サーファー=薬物汚染」と単純に思ってしまうのだろう。

「冗談で『クスリをやっとるんじゃないのか(笑)?』と言ってくるおっちゃんらはいいんですが、お年寄りのおじいちゃんおばあちゃんは、本気で心配してくれるので、申し訳ない気分ですよ(笑)」(移住4年目のサーファー)

 全国の"健全"なサーファーたちにも甚大な迷惑をかけてしまった今回ののりピー&高相ドラッグ騒動。猛省が求められていることは言うまでもないだろう。



【関連記事】 大物芸能人が戦々恐々する"のりピー夫"高相容疑者の素性
【関連記事】 止まらない芸能界のドラッグ汚染──"薬"を手放せない悲しき業界
【関連記事】 "おねマス"のマッコイ斉藤プレゼンツ 不謹慎さが爆笑を呼ぶ『上島ジェーン』

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年9月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。