学会との諍いとカルトの壁 幸福実現党元党首、敗戦の弁

 選挙中におかしいなと思ったのは、自民党が投票日直前に、「とにかくポイントは2つです。景気の回復と国家の安全」と主張していたことですね。いったい、どこの政党の主張だよと(笑)。まあ、(幸福実現党が主張し続けていたことで)他党の政策にも影響を与えたという意味でも、間違ってはいなかったのかなと思います。我々の主張は、本来の保守そのものなんです。

――今回の選挙は、保守に対する逆風が強かったのではないかと思います。
結果について、どのような見解をお持ちですか?

饗庭 議席を獲得することができなかったのは残念です。比例と小選挙区の得票数を集計してみたんですが、比例区で約46万票、小選挙区では約107万票でした。政党要件を満たすには(比例、小選挙区いずれかで)140万票が必要でしたから、もう少しだったなあと。しかし、100万の壁を越えることができたということは、とても大きな意味を持つと思います。

 発足当初は「オウムとどこが違うの?」と言われ、私たちをカルトと見られる方もいました。しかし、100万票の壁を越えたということは、見方としての「カルトの壁」を越えたと思っています。

――(1100万人といわれる)幸福の科学の信者の数を考えると、得票数が少ない気がするのですが。

饗庭 それは、信者さんがほかの政党の中にもいることが影響しているんです。政党を問わず、国会議員の中に100名の信者がいたこともあります。今回の選挙ではうちが候補者を出したことによって、立候補者3名が信者という選挙区もありましたが、候補者だけでなく、支援者たちもかわいそうでした。「今までずっと応援している人がいるのにどうしよう」という信者さんがたくさんいたんです。中には、信仰心はあっても、他党の後援会長を務めているという方もいました。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年9月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。