金融危機を生んだ「悪の枢軸」の正体 なぜ、金融工学は叩かれたのか?

 米国発の金融危機から早くも1年を迎える。その危機において、"諸悪の根源"と呼ばれるような扱いを受けた金融工学。だが一般的には、いまだに金融工学の実態はあまり知られていない。今回、日本の金融工学のパイオニアである中央大学・理工学部経営システム工学科の今野浩教授に話を聞く機会を得た。同教授は、金融危機と自身の学問との関係をどう見ているのか?

――今回の金融危機では、「金融工学」が悪者扱いされた印象がありますが、そもそもこの学問自体、世間ではよく知られていません。

今野 定義はさまざまですが、「将来の不確実なお金の流れを測定して、それをコントロールする学問」というのが私の定義です。よりわかりやすくいえば、お金にかかわるリスク管理ということになりますね。80年代から、アメリカが牽引する形で金融市場の自由化が急速に進み、複雑な金融商品が売り出され、そこに高度な数理技術や計算機技術などを使うことが必要となって、金融工学が発達してきたんです。国が金融を統制しているときは、そういう発想はなかった。80年代まで、国内でファイナンス理論をしっかり教えていたところは一橋大と神戸大ぐらいで、いろいろな大学の経済学部でも金融理論について教えるようになったのは90年代に入ってからです。

――私たちの周りでは、どのようなものに生かされていますか?

今野 資産運用や信用リスク【註1】の計測や証券化などですね。たとえば、我々がお金を投資信託に預ける際に、投資機関は自分たちのスキルを使ってなるべく高い収益が上がるようにポートフォリオを組む。ここに、さまざまな金融工学技術が使われています。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年10月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。