「 2日でTSUTAYAを5軒回る」X JAPANのTOSHIが肋間神経痛になった裏事情

「 2日でTSUTAYAを5軒回る」X JAPANのTOSHIが肋間神経痛になった裏事情
TOSHIオフィシャルサイトより

 奇跡の復活を遂げたX JAPANのボーカリストで、ソロとしても全国各地を訪ね歩きライブを行っているTOSHI。12歳のドラマー・RIKU、18歳のギタリスト・RYOらとのバンド「TOSHI with T-EARTH」としての活動や、ボクサー・亀田大毅の世界戦で「君が代」を歌ったことでも話題の彼が、肋間神経痛になったと告白して休業を宣言、ファンの間で物議を醸している。強いストレスや疲労が原因で発症し、背中などに激痛が走るというこの肋間神経痛だが、TOSHIは自身のブログでその原因を次のように明かした。

「10数年前から今日にいたるまであくどい弁護士や、奴らに加担する悪質なストーカー、悪質な記者、利権を目当てに近づいてきた悪質な者達にでっち上げられて、散々嘘ででっち上げられて、マスコミでバッシングされ、大切な妻のWANKUや、大切な仲間達、子供達が辛い目に遭い、あまりの酷さに肋間神経痛になってしまいました」

 TOSHIが心酔するプロデューサー・MASAYAが主宰する自己啓発セミナー・ホームオブハートは、数々の訴訟を抱えている。今年5月には多額の金銭を支払わされたとして、損害賠償を求めていた民事訴訟で、東京高等裁判所はホームオブハートやTOSHIの所属事務所に対し、約1580万円の支払いを命じた。周辺事情に詳しい週刊誌記者は次のように最近のTOSHIの動向を語った。

「TOSHIは、MASAYAの影響からヒーリングミュージックに没頭し、X JAPANからの脱退を決め、1997年にバンドは解散。その後、彼は、以前とは180度違うチノパンとタートルネックのセーターという格好でアコースティックギターを片手に、老人ホームなどを訪ねる文字通りのドサ回りを始めました。ですが、07年、突如X JAPANのリーダーで竹馬の友であるYOSHIKIと和解し、X JAPANは電撃復活。その裏にはTOSHIの厳しい財政事情があるようです。現在のTOSHIのソロ活動もMASAYAがプロデュースを行っており、ホームオブハートを支えるためにはTOSHIの収入が必要不可欠。TOSHIは妻で歌手のWANKUと共にデュエットソングもリリースしています。現在も地方回りは続けており、10月には、長野県にあるTSUTAYAを2日で5軒回ってインストアイベントを行うという、とても東京ドームを満杯にするアーティストとは思えないペースでの活動を行っており、疲労も重なって肋間神経痛になってしまったようですね」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2009年10月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら