「危なすぎ!」芸能記者も震え上がる押尾学の背後と麻布署の癒着疑惑

 麻薬取締法違反で懲役1年6カ月、執行猶予5年の判決が下された押尾学。事件は有名俳優が女性を置き去りにして死なせたというショッキングな出来事だったが、女性が亡くなった背景についての捜査は、なぜか警察の動きが鈍かった。

 押尾は六本木ヒルズレジデンスのB棟2307号室に、銀座クラブ「J」の元ホステス・田中香織さんを連れ込み、麻薬摂取の末に変死した田中さんを置き去りにして現場から逃走した。その間に現場に複数の知人らが集まっていたが、これらの状況を麻布警察署は一部を小出しにするだけで詳細は明かさず、麻薬捜査を前面に出す不自然な動きをしていた。

 その最たるものは初動捜査で、麻布署が女性の死を詳しく調べる前の段階から「事件性なし」などと断定していた。これには、数多くの刑事事件を手掛けてきたある弁護士も「一度、現場から逃げているという例を持ってすれば、保護責任者遺棄の件でも逮捕は十分可能だったはずが、麻薬の件だけ先行し、一度釈放させてしまった。証拠隠滅の恐れもあるのに、重要な件を後回しにした印象がある」と首を傾げていた。

 その背景として囁かれているのが、麻布署の癒着疑惑だ。かねてから同署には政財界、芸能界との深いつながりが噂されており、酒井法子の暴露本制作に関わった芸能ジャーナリストも「押尾の件も書けば売れただろうけど、背後関係がちょっと危ないから簡単にやれない」と言っていたのだ。

 警察と芸能プロの蜜月といえば、かつてイケメン男性タレントが所属する有名な某大手芸能プロが、都内警察署に高級寿司を出前して関係を深めていた事が発覚し、警察側の人間が左遷される事態もあった。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。