小林麻央を射止めた"梨園のプリンス"市川海老蔵「プレイボーイ失格」の過去

       

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 "歌舞伎界のプリンス"と呼ばれ、芸能界屈指のプレイボーイと言われた市川海老蔵と、フリーキャスターの小林麻央との熱愛が発覚。お互い交際を認めたことで、ゴールインすることが確実となった。

 筆者はこの一報を聞いたとき、海老蔵が空間プロデュースを手掛け、今年6月にオープンした銀座1丁目の寿司屋の店名に、小林の名前と同じ読み方をする「真魚」と付けていたことを思い出した。これまでの女性とは違って、海老蔵が真剣に小林と付き合っているんだなと思った。

 海老蔵がまだ新之助を名乗り、尾上菊之助と尾上辰之助とともに"平成の三之助"と呼ばれていた頃から、彼が六本木界隈で遊び回っていたのを記憶している。小林と結婚しても、根っからの女好きである海老蔵の女癖の悪さは変わらないのではないだろうか。歌舞伎界では、結婚と女遊びは別、という価値観が今でもはっきりと残っている。

 昔から芸能界では、「女は芸の肥やし」と言われてきたが、マスコミの監視の目が厳しくなった昨今、俳優やタレントはもちろんのこと、お笑いタレントすら、女遊びに慎重になっている。そんな中、歌舞伎の世界だけは、今でも別格のような気がしている。海老蔵に限らず、最近では、中村獅童や菊之助も、有名人を相手に浮き名を流している。

 女好きといえば、つい先日、息子の中村勘太郎と女優の前田愛の結婚式でうれしさのあまり号泣していた中村勘三郎。彼が勘九郎を名乗っていた頃、故・太地喜和子さんとの不倫が発覚したことがあった。彼女のマンションを女性誌記者が直撃すると、慌てた勘九郎が服を持って、マンションのベランダ伝いに逃げようとしたというマンガのような逸話もあった。その後、勘九郎は、男性にモテる太地さんに嫉妬、酔った勢いで彼女を殴りつけたことがあったという。このことは、太地さんが伊豆の港で不慮の死を遂げたあとに彼女の親友から知らされた。暴力沙汰とは言語道断、勘九郎に強い憤りを覚えた。その後も、勘九郎の女遊びは止まなかったが、芸能界の実力者である大手芸能プロ社長の庇護下に入ることによって、彼の不倫や女性トラブルが白日の下に晒され、スキャンダル化することはなかった。


あわせて読みたい

小林麻央のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「高島彩」のニュース

次に読みたい関連記事「高島彩」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東尾理子」のニュース

次に読みたい関連記事「東尾理子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福田萌」のニュース

次に読みたい関連記事「福田萌」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。