ドラッグ漬けの芸能関係者必見!"神の子"の復活を追う『マラドーナ』

ドラッグ漬けの芸能関係者必見!"神の子"の復活を追う『マラドーナ』
『パパは、出張中!』『アンダーグラウンド』でカンヌ映画祭2度のパルムドール<br />に輝くエミール・クストリッツァ監督が、"サッカー界のスーパースター<br />"ディエゴ・マラドーナの素顔に迫る。<br />ドキュメンタリー映画『マラドーナ』は、ボーイ・ミーツ・ボーイの物語だ。<br />(c)2008-PENTAGRAMA FILMS-TELECINCO CINEMA-WILD BUNCH-FIDELITE FILMS.

 日本人の多くが坂本龍馬に憧れるように、南米人の多くは"20世紀最後の革命家"チェ・ゲバラに憧れる。富や権力は欲せず、革命に生きる。常識やルール、国境に縛られず、自由に生きてみたいと願う。でも同時に凡人には、そんな生き方は到底無理だということも分かっている。

 しかし、ゲバラと同じアルゼンチンに生まれた、"20世紀最高のサッカー選手"ディエゴ・マラドーナは違った。W杯メキシコ大会では強国イングランドを相手に"神の手"ゴールを決め、イタリアのセリエA時代にはユベントスやミラノといったビッグチームを尻目に弱小チーム・ナポリを率いて、2度の優勝に導いている。『パパは、出張中!』(85)、『アンダーグラウンド』(95)で2度のカンヌ映画祭パルムドールを受賞したエミール・クストリッツァ監督は、マラドーナのことを"フィールド上の革命児"と称賛する。

 ドキュメンタリー映画『マラドーナ』は、清濁ふたつの要素が絡み合った内容だ。西側諸国の思惑によって祖国ユーゴスラビアを解体させられたエミール監督は、西側諸国の金満チームをきりきり舞いさせてきたマラドーナの"神の子"としての輝かしい功績をシンパシーを持って再検証すると共に、現役生活を終えたマラドーナがコカインまみれになりながらも懸命に社会復帰を図り、政治問題に積極的にコミットする"人間臭い"部分にもカメラのフォーカスを合わせる。

 ブエノスアイレスまでマラドーナに会いに行くエミール監督は少々緊張気味。映画青年になる前はサッカー小僧だったエミール監督にとって、年下とはいえマラドーナは今なお眩しい存在だ。しかし、エミール監督の前に現われたマラドーナはぶよぶよのピザ体型で、「これが、かつて"神の子"と呼ばれたスター選手と同一人物なのか?」と観る者を驚かせる。それでもエミール監督はマラドーナへのリスペクトを忘れず取材を続け、その映像はマラドーナが紆余曲折しながらも次第に変わっていく様子を伝える。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2009年12月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら