押井守監督、大いなる方向転換か? 黒木メイサ主演『アサルトガールズ』

押井守監督、大いなる方向転換か? 黒木メイサ主演『アサルトガールズ』
"美女&ミリタリー"という押井守監督の嗜好性が色濃く反映された<br />実写映画『アサルトガールズ』。女狙撃手グレイに扮した黒木メイサの<br />クールなイメージは、無国籍なSFワールドによく合う。<br />(c)2009 八八粍・デイズ/ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

 押井守作品を観る度に、"胡蝶の夢"について思い浮かべる。押井守監督の出世作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84)は鬼娘ラムの思い描く夢の世界がマトリョーシカのようにどこまでも続く"入れ子式"の物語だった。果てしない夢の世界を紡ぐ押井作品を観ているうちに、物語を享受している自分さえも、実は押井監督が生み出した夢の世界の住人ではないのかという気になってくる。『ビューティフル・ドリーマー』が高い評価を得た押井監督は、舞台を夢の世界から仮想空間や電脳世界へと進化させ、『機動警察パトレイバー2 the movie』(93)、『GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊』(95)、『アヴァロン』(01)、『イノセンス』(04)、『スカイ・クロラ』(08)といったより緻密な押井ワールドを構築していく。

 押井作品はその世界観を哲学的な講釈によって理論武装化しているのが特徴だ。そのイメージで実写映画『アサルトガールズ』を観た押井ファンは、驚くに違いない。冒頭でこそ近未来のヴァーチャルゲームを題材にした実写映画『アヴァロン』の世界観を踏襲していることが従来の押井調で語られるものの、これまでの押井作品に顕著だった難解さはストーリー上からは全く影を潜めている。黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子の3人の美女たちが扮するゲームプレイヤーたちが仮想空間アヴァロン(f)に潜む伝説の巨大モンスターと対決するという極めてシンプルな娯楽作品なのだ。押井監督のこの変貌ぶりは一体どうしたことだろうか?


あわせて読みたい

黒木メイサのプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「黒木メイサ + 北山宏光」のおすすめ記事

「黒木メイサ + 北山宏光」のおすすめ記事をもっと見る

「黒木メイサ + instagram」のおすすめ記事

「黒木メイサ + instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年12月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 黒木メイサ Instagram
  2. 黒木メイサ instagram
  3. 黒木メイサ 北山宏光

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。